土木工事会社の一般事務、他の業種と違う仕事はありますか?15view

土木業は未経験ですが、一般事務として土木工事会社へ転職します。土木工事会社の一般事務の仕事内容は、他の業界の一般事務と違うことはありますか?何か特殊な仕事はありますか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. quealheiro_jr 2018/01/10 14:44

    中小企業の中の土木業事務は一般事務に比べると少し特殊かもしれません。
    主な仕事は電話対応に接客、Excelやワードなどを使っての書類作成。特殊なものとしては業種特有のソフトを使ったデータ入力やCADソフトを扱います。書類に関しては、仕事を入札して請け負う時に行政に提出する書類も多いので、詳細に記入しないといけないと言う事もあり、丁寧さが求められる仕事だと思います。
    また、従業員との連絡、外注や元請けや下請けの会社との連携も大切なので、電話対応でのコミュニケーションの円滑化も大切です。
    電話対応は仕事の依頼や機材のレンタル発注、従業員や社外の方の電話が主になります。請け負った仕事内容によっては、行政とも頻繁に連絡を撮る事になります。

    データ入力業務では、予めテンプレートができている事が多く、比較見本があるため、然程難しくはありません。ただ案件内容によっては似たタイトルのものだったりが多く見間違えやすいものも沢山あるので注意が必要です。
    特殊なソフトやCADに関してはそれなりの知識が必要なので、事務でやる事はまず無いのですが、ちょっとした場所や数の修正くらいは緊急な場合必要に応じて頼まれる事もあります。その場合は、その会社の専門的な方が丁重に教えて下さると思います。

    一般事務に比べると土木で使う機材や材料で特殊な用語などが頻繁に出てきますが、納品や発注、請求書作成などに使うくらいなので、そういったスキルは必要ない事の方が多いです。

    建退共などに加入している会社であれば、この管理も事務の仕事の1つです。建退共とは、建設業に務める方の為の退職金の積立の事です。共済組合みたいなもので、労働者の退職に備えて、建退共本部から直接退職金がもらえる制度になっています。
    この建退共の手帳を発行してもらい、必要に応じて発行された証紙を貼り付けていくものです。これの数によって退職金がもらえる額が違うので間違えると大変です。

    総合的に忙しい時期とそうでない時期がハッキリしているので、忙しい時期には事務も膨大な書類作成に追われます。
    その忙しい時期が過ぎれば書類作成は少なくなり、電話業務やデータ整理になるので、大変ですがとてもやりがいのある仕事だと思います。
    書類作成は試行錯誤してやるような事は少なく、ミスが無いように正確さが重視される仕事が多いです。そのためにはやはり社内外のコミュニケーションが大事です。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する