証券会社営業マンのメリットとデメリットとは?64view

証券マンとして金融のスペシャリストとして活躍し、成績を出すことで高い評価と報酬を得たいという希望があり転職を望んでいます。証券会社営業マンとして働くと得られるメリットは、報酬以外にどんな事がありますか?また、反対に証券マンのデメリットとは何でしょうか。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. banzyou_cw 2018/01/11 20:16

    証券会社の朝は早い。日本経済新聞に目を通し、世界情勢と国内情勢をすばやく察知し、一日の動きを計画して活動していきます。 
    金融市場の鍵を握ってると言える証券業界。今や、小学生からも投資を始めることができる世の中になっています。ネットが普及してゆく中で、個人投資家自身が自分の才覚で売買を行いやすくなっている中、一見すると証券会社営業マンは、不要とされつつある傾向にあります。数十年後には、営業マンは居なくなるのでは?という噂も社内でチラホラ流れる昨今。半ば個人事業主ともいえる証券会社営業ですが、現状としては主に高齢の高額投資家の方々に対し、様々に金融知識を提供し、資産運用の相談に乗らせて頂く事が主流となっています。

    証券営業のメリットとしては、日々、資産家に触れ合う事ができ、まだまだ日本は本当に裕福だということを痛感させられる事。おおよそ普通に日常を過ごすだけでは触れ合う機会も無いであろう上層階の人々との資産に対する考え方、経営方針等、深遠な経営理念に触れる事で人生勉強になる事も多いです。
    また、一度に動く額面がかなり多いのも刺激的。一般的なサラリーマン生活ではおおよそ稼げない金額が、自分の営業力で動くのを目の当たりにする事は、かなりショックです。

    一方、デメリットとしては、「経済は生き物である」という言葉に現される様に、世相がつぶさに反映される点。景気が良いときは投資家ともども喜びを分かち合う事ができますが、景気がダウンする時の心労たるや計りしれません。営業の言葉を信じて投資してくださった投資家の方々に対し、申し訳ない気持ちで一杯になることもしばしば。大変、精神的疲労を伴う仕事であることも否めません。その分、それなりに給与は保障されていますが、実際、社員の定着率は低いと思われます。

    過酷ともいえる証券業界ですが、テレビのニュースでは知られていない世界金融の裏側を知る事ができ、それは大変興味深い事と感じています。
    世界各国の企業は投資で成り立っている、という事を知ると自ら積極的に投資を行いたい気持ちに駆られることがしばしばありますが、各証券会社ごとに多少の条件の違いがありますが、周知の様に「インサイダー」問題があり気軽に行うことが出来ません。

    個々の投資家の方々の金融資産を守ることは、日本経済の資産を守ることにも繋がることであり、大げさな様ですが日本経済を支える一大企業の一員と自負を持ちながら、遣り甲斐を感じつつ勤め続ける事が出来る点が、最大のメリットかも知れません。

ページ上部へ移動する