卒後10年目、大学病院の口腔外科勤務。すぐに開業か、いったん就職か?7view

私は卒後臨床研修を一年間終えた後に、そのまま母校の口腔外科に入局し、研究生を経て医員として働いています。その間、医局の関連病院へ出向したり、また大学に戻って医員として働いたりしてきました。
そのまま大学の教員として残っていくためには学位が必要ということもあり、大学院へ進むことはあまり考えておりませんので、近いうちに大学の医局を辞めようと考えております。

臨床経験的にはもう充分積んだかなと考えており、将来的には地元で開業しようと考えております。
ただ私が勤務した先が、大学病院や比較的大きな病院の歯科口腔外科ということもあり、開業医での勤務経験が全くないのに、いきなり開業するのはどうなのかな?と不安があります。
歯科の知り合いの業者さんからは、先生ならすぐに開業しても大丈夫ですよと言われていますが・・・

皆さんなら、どうお考えになるでしょうか?同じような経験や悩みを抱えたことのある先生方にアドバイス頂けたらと思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yanasima 2017/12/20 20:09

    私は、質問者さんと同じように大学で口腔外科をずっとやってきて、開業医に一回も勤務することなく開業したものです。今から15年も前の話ですが・・・

    私が開業した当時は、今とは違い、開業歯科医の過当競争が激しい時代ではなかったので、患者集めという点に関してはそんなに苦労した気憶はありませんでした。街中ではなく、田舎で開業したからかもしれません。
    当時は近隣に病院の口腔外科がなかったこともあって、口腔外科出身のドクターだということで、むしろ親知らずの抜歯や外来小手術の依頼などで、他の開業医さんから患者さんが紹介で送られて来たくらいでした。それだけ他の開業医さんも当時は忙しかったということでしょうね。
    今は開業歯科医を取り巻く環境がだいぶ違うので、いくら自分のスキルに自信があっても開業となると、また別の要素がかなり関わってくるので、過信は絶対に禁物です。

    もしも私が質問者さんと同じ状況なら、流行っている開業医さんに一旦就職して、どこに流行る要素があるのかをしっかりとリサーチします。開業セミナーなどで勉強するだけでも良いのかもしれませんが、実際に内部の細かな情報は、その開業医の中に飛び込んでみないと分からないことも多々あるのではないかと思います。

    今は本当に厳しい時代で、流行っている開業医さんにはどんどん患者さんが集まってくる一方、患者さんが全然来なくなってしまった開業医さんが出てきてしまいました。下手すると、その歯科医院は廃業です。そういった意味では、今は勝ち組歯科医院と負け組歯科医院の差が歴然としています。
    ひと昔前のように開業すれば、黙っていても患者さんが集まってくる時代では、もうなくなりました。

  2. dctokumitu 2017/12/15 16:19

    質問者さんのように、大きな病院で働いてきたり、大学の口腔外科で働いてきた先生なら、先生を慕う患者さんも数多くいると思いますので、すぐに開業しても良いのではないでしょうか?
    ただし、その条件としては、開業する場所が以前の勤務先に近いというのが前提ですけどね。

    流石に、かなり離れたところで開業するのに、そこまで患者さんに通って来いとはなかなか言えないですよね。仮に来てくれたとしても極少数でしょう。
    全く違う場所での新規開業となると、かなり最初の患者集めに苦労するでしょうね。患者が全く来ない恐怖は、大学病院や大きな市中病院の歯科口腔外科ではまず味わうことが無いでしょうからね。

    開業医で、患者集めのノウハウを身につけてからでも、新規開業は遅くないと思いますけどね。もしくは、大学に勤務している間に開業セミナーなどを受講して、色々と開業に向けた準備を進めておいて、準備万端整ったらいざ開業する方が良いと思います。
    開業セミナーなどをたくさん受講すると、開業にあたっては今までの大学病院や大きな市中病院での勤務では想像もしていなかったことに気をつけないといけない、ときっと質問者さんも思うはずです。

  3. hukane 2017/12/13 19:50

    臨床の腕と患者の来院数は、比例しないこともあります。むしろ、何故あんなに腕の良い先生なのに患者が集まらないのだろうと不思議に思うこともよくあります。
    大学病院や大きな市中病院だったら、特に患者さん集めをしなくとも、紹介で患者が送られてきたり、病院の看板で患者が集まってくるから、困らないですよね。

    私の勝手な印象で申し訳ありませんが、口腔外科出身の先生方はどこか職人気質というか、あまり人に対して媚を売らないというか、細かいことにあまりこだわらないというか、自信がやたらあるためか患者集めという意味では、新規開業時には苦労している先生が多いような気がします。
    患者が多く集まる歯科医院の秘訣のようなものを一度学んでからの方が成功するような気がします。

    例えば、相談者の先生は、こういうことを今までに考えたことがあったでしょうか?
    受付の人の患者への対応は、どうしているのか?
    患者が不快にならないような電話の受け答えは、どうしたらいいのか?
    歯科衛生士の患者に対する接し方は、どうしているのか?
    効率良く診療するには、患者の予約の入れ方には、どのような工夫をしたらよいのか?
    ドクターの患者への接し方は、どうしたら信頼してもらえるようになるのか?
    予約をキャンセルした患者への対応は、どうしたらよいのか?
    患者に安心感を与えるためには、診療室の間取りやユニットの配置には、どんな工夫をすればよいのか?
    小さい子供やその親が安心して来院出来るような工夫は、どのようにすればよいのか?
    メンテナンス中の患者がきちんと忘れずに来院するようにするためには、どんな工夫をすればよいのか?
    患者をなるべく待たせないようにするためには、どう工夫すればよいのか?
    安心して患者が待つためには待合室には、どういった工夫をするべきなのか?
    患者とのトラブルが起きた時には、どのように対処するべきなのか?

    などなど例を挙げればきりがありません。
    患者が多く集まる歯科医院では、これらのことに何かしらの工夫が必ずされているはずです。そこにドクターのスキルと人柄が相まって、良い評判を得て、それが口コミで広がって人気がでるわけです。開業するとなると、相談者の先生が多分今まで考えたことが無かったようなことにも、気をかけないといけないのです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する