ダブルワークで土日にネイリストとして働きたい31view

ダブルワークで土日にネイリストとして働きたいと思っていますが、どんな職場だと土日のみで働けるでしょうか。またダブルワークとしてやる場合の注意点なども教えてくださいませ。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. panambi 2017/12/07 18:04

    ネイルサロンで、土日にスタッフが通常以上に必要になるということは、平日は仕事や学校で週末が休みのOLさんや学生さんが来店する店であることが多いです。もしくは、他のネイリストが平日のみの勤務を希望し土日を休みにしたい場合、穴のあく土日の人員確保のために別途人を雇うというケースも考えられます。また、美容院など土日に忙しくなるお店に併設されているネイルサロンの場合、他のメニューと同時施術などの希望も増えることが予測され、ヘルプとして土日のみ勤務できるネイリストを探しているということもあります。そういったところをまず探してみましょう。

    >またダブルワークとしてやる場合の注意点なども教えてくださいませ。
    ネイリストの仕事は座ったまま施術する技術職のため楽そうに思われがちですが、同じ姿勢で長時間細かい作業をする、根気と集中力を要する体力勝負の仕事です。しかも忙しい時となると満足に休憩も取れないということも起こり得ます。
    平日ゆっくりできる生活ならいいですが、平日は他の仕事をしていて土日はネイリストとして働くとなると、体調管理には相当気を配る必要があります。疲れが溜まると集中力は続かなくなりますし、ミスも増えます。風邪もひきやすくなります。お客様に直接触れ至近距離で接するネイルの施術において、そのようなことは絶対にあってはなりません。
    そういった事態を避けるためにも、体調管理には特に気を配り、無理の無い範囲で続ける工夫と努力が求められます。 
    また技術職であるネイリストの仕事は、感覚的なものがとても大切です。たとえ長年の経験者であっても、ブランクがあると感覚はにぶり、以前と同じように施術できるようになるには時間がかかります。土日のみネイリストとして働く場合にも、同じことが言えます。平日全くネイルに触れること無く過ごし、土日になっていきなりお客様に施術となっても、施術感覚はなかなか戻りません。自分がやりにくいだけならまだしも、それがお客様へのご迷惑となってしまっては問題です。そうならないためにも、ネイリストとして勤務しない平日の間もネイルに触れる習慣をつけましょう。
    転職を考えていて、今の仕事と並行してネイリストは週末の休みの日だけという場合、平日の出勤前か帰宅後、必ずネイル道具に触れてみるのです。家族や友人の協力を得て、誰かの手足に施術させてもらえるなら更に効果的です。
    こういった地道な努力を続けることで、土日にネイリストとして仕事をする際にも、一人目のお客様から最高のパフォーマンスができるのです。

ページ上部へ移動する