医療機器商社の勤務経験がある方、転職の決め手を教えて下さい19view

医療関係の仕事だと安定しているし、給与水準も高いと聞いて、今転職をしようかと思っています。自分なりに調べてみたのですが、医療業界には、医療機器メーカーと製薬メーカー、医療機器の商社と医薬品の商社と、ジャンルが4パターンほどに分かれるということまで理解が出来ました。

諸条件などを考えて、医療機器商社を第一候補として考えているのですが、業界のことがわからないので、それぞれのジャンルはどのように仕事の内容が違っているのか見えません。
医療機器の商社への転職を決めた経験がある皆さん、何故その業界に決めたのか転職の決め手をお聞きしたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mikanohara 2017/12/16 9:42

    なかなかマニアックな質問ですね。
    私も前に回答している方と同じように、正直入るまでは細かいこの業界の内情は理解してなかったです。なんせ、以前は商社(=代理店)が介在しない業界にいたので、商社とメーカーと言われてもピンと来ないという感じでしたしね。

    転職をしてある程度医療業界の内情がわかっている立場でお答えをすると、メーカーのほうが給与水準は高めです。そして、医療機器より製薬メーカーのほうが更に高い年収が狙える感じでしょうか。商社は医薬品関連も医療機器もあまり大差はないように思いますね。

    今振り返ると、製薬メーカーや医療機器メーカーの面接も受けていたんですが、製薬メーカーはMRの資格を取るのが大変そうなので早々に諦めて、医療機器メーカーか医療機器の代理店にするか迷った時に、両親に相談したんです。
    で、父親から「長く勤めるなら商社のほうが良いぞ」と言われ、その言葉がきっかけだったような気がします。父親は銀行勤務で色んな会社の財務を見ていたので、色んな業界の財務状況を見ている父が言うなら、そのアドバイスは聞いておこうかなと。

    入ってみてから思うことは、商社のほうが病院との長いお付き合いで取引が成り立つので、あまり目先の利益を追わない傾向があるように思います。メーカー(特に外資系)は、年度年度で予算達成を求められるので、その辺が営業の姿勢にも出ているように感じます。
    そんなわけで、結果的に長いお付き合いを目指す姿勢の今の会社は私に合っているように思っています。ご参考になれば幸いです。

  2. zinbu 2017/12/15 13:17

    転職前にそれだけのパターンに分かれると調べられているのはさすがですね。私は良く分からず転職をして、入社後に自分は医療機器の商社に転職したんだと気づきましたが(笑)

    あまり参考にならないかもしれませんが、社風と新規事業の立ち上げに関われるというのが、医療機器の商社に決めた理由です。元々ベンチャー気質のある会社で営業をしていて、その環境に疲れてもう少しゆっくり働きたいと考えて転職を決意したのですが、のんびりしている社風の会社に行くと、アグレッシブルさが足りなくて面接に行ってもワクワクしない、つまらない、でもワクワクするベンチャー気質の会社だと、当時の会社以上に残業バリバリにしなきゃいけない雰囲気があって、なかなか丁度良い会社に出会えなかったんです。

    そんな中で縁があったのが医療機器の商社でして、医療機器の商社って、既に取引がある病院を回るいわゆるルートセールスの要素が強い傾向にあって(と、私はそう思っています)、攻めるより守りの姿勢が強いんですよね。ずっと新規営業をバリバリにやっていた私にとっては、その緩さが丁度良く、更にその会社の中での新規事業だったので、守りの要素が強い会社だけど、新規事業だから攻めなきゃいけないわけだったんです。
    無いものを作っていくということにチャレンジ出来るということが楽しそうだったので、ワクワクしたところを選んだら、医療機器の商社でした。

    新規事業というなかなかないタイミングの求人が、私がこの業界に入るきっかけだったので、あまり参考にならないと思いますが、感覚的に心地よいと思う会社、求人は間違いないように思います。良い会社に出会えますように。

  3. ookida 2017/12/11 7:04

    印刷関連の会社から転職をして、医療機器の商社で10年ほど営業をしています。

    私の場合は特に医療関連に絞って転職をしたわけではなく、色んな業界を見ていたらたまたま最後に残ったのが今の会社だったというパターンなんですが、決め手になったのは、勤務地がある程度限定されていて、全国転勤等がない会社だったという点です。
    医療機器の商社は一部広く事業展開している会社もありますが、ほとんどの会社が中小企業と位置付けられる会社が多くて、事業基盤となっているエリアも限定されている傾向が強いんですよね。なので、全国転勤しようにも全国に拠点がないので、勤務地がある程度限定されるという感じです。

    メーカーの場合はカバーエリアは全国になるので、社員数が多い会社だと全国転勤の可能性があるし、もし社員数が少ない会社だと、住んでいる場所は東京でも日々各エリアに移動、出張をしないといけないという仕事スタイルになる場合もあります。
    ちょうど転職した頃、結婚して子供も生まれるタイミングだったので、転居する可能性が低いというのが将来のライフスタイルを考えやすかったわけです。おかげ様で、10年居て一度だけ部署異動はしましたが、住まいは変えることなく仕事に就けています。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する