英会話講師に憧れています。講師同士の人間関係は?96view

雑貨輸入の会社に勤務しておりますが、実は転職を考えてもう探し始めています。今の勤務先でもそれなりに評価され、買い付けに同行させてもらったりしていましたが、物の売買での英語よりも、英語の教育の場に携わりたいと思うようになりました。
英会話は得意で、留学の経験もあります。社会人になってからも英会話スクールに通ってきました。

実は、まだ退職前ではありますが1校の英会話スクールと面接して頂きました。中学生までのキッズクラスの講師を希望したのですが、諸条件が合わず今回はいい御返事は頂けませんでした。
私は初めは小さなスクールからのスタートにしたいので、今後も小規模のスクールを探して応募し、内定を頂いたらすぐ輸入会社に退職届を出し、1か月後くらいから勤務したいと思っています。

実は、駄目だった会社の面接に立ち会われた英語講師の女性が、とてもキツイ感じがしたので転職に不安を覚えました。確かに、私の勤務スタートが即日OKではなかったですし、児童英語講師の資格も無いので、仕方なかったかもしれません。しかし、面接中からその学校の募集要項にそぐわないと、とても冷たく言われて悲しくなりました。
また、その方が奥へ入られた際も、後輩(?)講師への指導が辛口で聞いていてつらかったです。経営者の男性はとても優しそうだったのですが。

英会話講師同士の人間関係って、どうなのでしょうか。やはり、ストレートな物言いで対立が多いのでしょうか?外国人の多い職場ですが、彼らも関係が険悪だったりするのでしょうか。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. saisiki 2017/12/08 7:32

    私も英会話講師として働いており、前職はあなたの様に会社員でした。その会社は男性の方が多く、女性は戦力という扱いではなかったことも不満で、会社を退職したのです。
    英会話講師という職業は、帰宅が夜遅くなったり勤務時間が頻繁に変わったりしますが、能力を評価してもらえる仕事なので私は天職だと思っています。

    私はもう年齢が高いのですが、今の若い方には海外経験が豊富な方がずいぶん増えて、時代は変わったなあとつくづく思わされます。文化的には英語圏、という女性がとても多く、物のいい方もはっきりしている女性がとても多いですね。
    私は英会話講師の傍ら、今働いている外国人の講師達の悩み相談役やビザ、居住の問題を助けているほか、個人的に、彼らが収入を増やしたいといえば求人サイトで探してあげたり、いろいろと忙しいです。日本人はきちんと時間を守る人、清潔な人を高く評価する点なども教えてあげたりしています。
    若い先生たちが喧嘩、というか言い争いしている姿は時々見ますが、よく考えれば英語圏といえど、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアと多国籍なのでぶつかりますよね。特にオーストラリアの子などはアメリカ人から訛りをからかわれたりしていますし、アメリカ人が威張っているのを全員で陰口してたりします。まあ、仕方ないです。私たちはサポートするしかありません。
    日本人同士でも、やり方の差や話す英語の違いってありますので、すれ違っているのは見たことがあります。特に、教科書の問題です。日本人の多くは、留学先はアメリカやカナダを選ぶのではないでしょうか。対して、テキストはフォーマルなイギリス英語を何故か選ぶことが多いのです。そうすると、講師間で「アメリカではこんな言い方はしない」という論争になったりします。
    英語という言語が世界的なので、これはもうどうしようもありません。

    英会話スクールで様々なすれ違いが勃発するけれども、そもそも英語があまりにも広く使われているんですから、いろんな国籍、いろんな性格の人が集まっているということです。ですから怖がらずに、転職活動を頑張ってください。早く良い職場と出会われますように。ご自分と合うところに出会いたければ、なるべく多くのところで探してみてください。応援しております。

  2. nunoiti 2017/12/04 2:40

    キッズ英会話講師として働いております。
    前の方と同意見で、すぐにでも働ける先生の方が、学校としては助かるんですよねーー。
    先生がなかなか思うように見つからない時なんか、ちょっとくらい難点があっても、即戦力を採用してしまう英会話スクールはありますから!!
    そして、先生同士の人間関係ですが、確かに皆ストレートにものを言います(笑)。やはり、以心伝心的なコミュニケーションでは無いですね!
    私は幸い、あまり嫌な思いをしたことはないですけど、同僚がぶつかっている姿は見たことがあります。ぶつかった原因を箇条書きしてみます。

    ・ワークショップのオリジナルテキストの内容が良くない、書き換えるべき
    ・仕事の量が偏っている
    ・雑用は皆でやるべき
    ・土日出勤、夜勤務は公平にしよう
    ・テキスト、CDの置き場所が間違っている
    ・ネイティブ講師のジョブインタビューに立ち会って、変な人を押して採用されてしまった、人選ミス

    などなど。女性の職場なのでいろいろあります。でも、どこでもそうですよね。しかし私は、プロ意識があっていいかなと思います。皆、とてもプライドを持って英会話講師として働いていますし、その熱意の表れなのかなと思っています。私は好きですよ、思ったことは口に出す、裏表がない人間関係なので。
    ただ、ズバズバいうので相手を傷つけてしまうところは良くないかもしれないですね。そこは私も注意しようと思います。

  3. kusigata 2017/12/03 10:33

    転職先をもう前倒しで探しておられるのですね。そして、次が決まってから退職届を出されるのですね。今の勤務先は正社員雇用ですよね?失業手当を受けながら、転職先をじっくり探した方が良いのかなと思いますが。
    それに、英会話スクールみたいなところって、すぐにでも働ける人材が欲しいのではないでしょうか?あなたが1か月待ってくださいと言ったから、その立ち会われた女性は冷たい態度を取ったのかもしれませんね。

ページ上部へ移動する