ツアープランナーの残業事情・土日勤務事情は?97view

ツアープランナーの残業事情・土日勤務事情について教えて下さい。やはり残業は多く土日勤務も多いでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. sabaah 2017/11/30 12:01

    ツアープランナーは旅行業界の中でも花形の仕事ですから、求人要項に「残業なし」と初めから明記されている職場を探すことは難しいでしょう。また、ツアープランナーの仕事には時間外に海外と電話でやり取りをすることや、ホテルのオープニングパーティーに出席したり視察をすることもあります。そのため絶対に定時で帰りたいという場合には、なかなか難しいです。これは土日勤務に関しても同じかと思います。
    ただし、日本政府が進めている「働き方改革」に各企業が取り組んでいる今、旅行業界も例外ではありません。時間外勤務ゼロや積立休暇、リフレッシュ休暇などを取り入れ、長時間労働を減らすための工夫が各社で始まっています。また昔に比べると、育児や介護などの私的理由により残業ができない人への職場での圧力は少なくなり、時短勤務や自由な勤務帯の仕事など職場環境が整ってきている会社も増えています。大手旅行会社になればなるほど、ワークスタイル変革への取り組みは積極的です。
    すぐにツアープランナーとして配属先がわかる場合や小さな会社であれば、入社後の職場環境を察しやすく、どのくらい残業があるかなど事前に検討も付きやすいのですが、大手旅行会社への転職の場合には初めの配属先が企画部門とは限りません。旅行会社店舗のカウンター配属なら毎日夜まで営業をしますし、土日・祝日の勤務もあります。予約を扱うコールセンターでも同様にシフト勤務です。介護や子育てなどで平日限定で勤務をしたい、シフト勤務や残業はできないという理由があるのなら、履歴書の備考欄や面接の時に採用担当者へ伝えるべきでしょう。

ページ上部へ移動する