ホームセンターの売り場担当者はどんな人が向いている?393view

ホームセンターの販売員に転職したいです。ホームセンターは様々な種類の商品が揃い、豊富な知識が必要だと思いますが、どのようなタイプの人が売り場担当者に向いていますか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. daikou_x 2017/11/30 14:25

    ホームセンターの販売員の主な仕事は、売場の管理、発注、お客様への接客対応です。扱う物は特殊な工具から、洗剤やトイレットペーパー、食器など様々ですので、店舗の土地柄などを考えそれぞれの販売数や、シーズンによっての売れ筋を考え売り場の配置変更、それぞれの商品の使い方やお客様の要望に応じた商品のご案内が主な仕事になります。

    業界としては大手がチェーン展開していることが多く、福利厚生に関してはしっかり取り決められていることが多いので快適に働ける環境であるとも言えますが、扱う物が多く普段の生活の中でも使用しない物もあるので最初は知識の面で不安があるかもしれません。
    たとえば工具ひとつ取っても、ドライバーにはねじに対応した様々なサイズや、お客様の用途に応じて使いやすい物をご提案しなければのちのクレームにもつながりやすいといえます。
    その上問い合わせ自体が漠然としたものが多く、たとえばお客様から「これと同じねじが欲しい」と問い合わせをいただいても、どういった規格のねじなのかを調べ何のどこにどう使うものなのか同じ規格でも素材はどれが適しているのか等、正確にご案内しなければなりません。
    そのため、やはりこういった部分のクレームが多く、「買った物が合わなかった」「対応が遅く納得がいかない」等のクレームに繋がってしまうことが多いです。なるべくミスなくスムーズに対応できるよう知識はしっかり付けておく必要があると感じます。

    また木材や園芸用品、ペット用品では重量物を扱うことが多く、売場の商品補充やレイアウトの変更時には力作業となるのである程度の体力も必要になります。木材は一本で数キロの物を何本も移動したり、園芸用品では袋詰めの土やレンガなど、ペット用品でもドッグフードの大袋は一袋で10キロの物もあります。これをセール時には移動し、大量に陳列します。日々の商品補充でもこういった重い物を運ぶ事が多いので、落としたり転んだりして事故にならないよう気をつけて作業する必要もあります。

    何よりも従業員の負担になるのが、こういった時間のかかる対応や重量物の移動などを少人数で短時間に手早く行わなければならないという点だと思います。最近ではどこの企業も人手不足が嘆かれていますが、小売業も例にもれず人手不足が嘆かれており、常に時間に追われている状態で作業しなければなりません。知識を狭く深く付けてもらうためにそれぞれ扱う商品ジャンルごとにチームを組んで日々の作業を進めることが多いのですし、繁盛記にはその持ち場の垣根を越えて作業や接客をすることが多くあります。

    以上の面からもともとDIYに興味があったり、接客対応が好きな方や体力的に余裕のある方がホームセンター売場担当にお勧めです。

ページ上部へ移動する