製薬会社を定年退職してから調剤薬局に就職は可能でしょうか?226view

当方は大手外資系の製薬会社の開発部門に30年あまり勤め、60歳で退職しました。
私立の薬学部を卒業して薬剤師免許を保有しております。前の会社の継続雇用もありましたが、同じ勤務内容で年収がかなり落ちるので断りました。
一番下の子供がまだ学生ですし、老後のことを考えても、今から隠居生活を送るよりはせっかく持っている薬剤師免許を生かして、調剤薬局やドラックストアで働けないかと考えております。職業柄ひとつのものごとに集中して仕事をすることは得意ですし、体力も年の割にはあると思います。
調剤経験は全く無く、接客やレジうちなども未経験ですが、60歳からでも薬剤師としてやっていけるものでしょうか。できるとすればどのような業務形態の薬局を選べばいいでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. michelangelo-x 2017/11/29 20:23

    個人の調剤薬局を経営しているものです。
    給与面のお話をされていますが、質問者様のご経歴では薬剤師として高い給与は望めないと思います。
    私の薬局を含め、大概の薬局がそうだと思いますが、基本的には薬剤師を雇う場合に給与を決めるのはそれまでの経験が大きなポイントになります。
    端的に言えば、その方が即戦力になるかどうかで報酬を決めます。

    質問者様の場合は、研修が必要な新人とどうしても同じ扱いになってしまいますので、もちろん能力や年数によって昇給はありますが最初は年収換算で400万いくかどうかだと思います。
    そのためこれ以上の給与を望まれるのであれば、調剤薬局のような全く違った業種にいかれるよりは、今までのご経験を生かした職場を探すのもひとつの方法かと思います。

  2. kugitani_f 2017/11/28 18:59

    私は調剤薬局で15年ほど勤務している薬剤師です。
    正直、60歳から薬剤師業務を一から学んでいくのはかなり大変かと思います。まず患者さんを始め医師や看護師などさまざまな職種の人との専門的なコミュニケーションをとることが求められます。最近は介護業界との連携でケアマネージャーと接する機会もありますので、介護業界の勉強もしなければなりません。
    もし処方せんにおかしな点があれば医師に疑義紹介をしなければなりません。そのため医師に負けないくらいの医薬品の知識が必要となります。
    また処方入力や請求業務などは現在では電子セレコンが主流ですから、そういったソフトも新たに使いこなさなければなりません。簡単にですがワードやエクセル、パワーポイントを用いた資料作成をする場合もあります。
    調剤に関しても、小児の処方監査や癌患者への麻薬調剤など、一歩間違えれば命に関わってしまうようなことも多々ありますので、正確さが求められます。錠剤や散剤の一包化など機械を用いた調剤も必要です。毎月数百万円単位の調剤報酬請求も業務の一部としてあります。

    長々と驚かしてしまうようなことを書きましたが、実際私の薬局にも高齢になってから初めて薬剤師業務に就かれる方がいらっしゃいました。その方は、薬局業務がもっと単純なものと思っていたようですが、業務内容の把握がしきれず、結局数多くのミスを犯してしまい、業務の継続を断念されてしまいました。
    もちろん人にもよりますがこのようなこともありますので、業務内容が本当にご自分に合ったものであるか確認して求職することをお勧めします。

  3. zasu 2017/11/27 21:12

    定年退職後も働かないといけない時代になってきたんですね。
    新しいことにチャレンジするのはいいことだと思います。

    調剤薬局に勤めて8年くらいですが、私の薬局では大手チェーンの門前薬局ということもあり1日に数百枚の処方せんを扱っています。薬剤師も15名ほどいますが、ひっきりなしに働いてやっと業務をまわせる状態です。残業も時期によりますがかなりあり、勉強会や研修会などの出席で休日が潰れることもしばしばです。
    こんな薬局で質問者さんのように、初めて調剤業務に携わる方が入るのはかなり無理があると思います。

    でも、ひとことで調剤薬局といってもいろいろな薬局があります。私のように病院の門前薬局もあれば、地域の処方せんを広く受け付ける面薬局なんかもあります。
    知人の薬剤師なんかは、その面薬局にひとりで勤務して1日15枚くらいの処方せんを受け付けているそうで、かなり余裕を持って勤務についているようです。こういったゆとりのある職場も探せば結構あるかもしれません。

    いまだに薬剤師は売り手市場と言われていますから、最初はパートで勤務に入って余裕を持って勤務に就き、慣れてきたら勤務を増やしてフルタイムで働くのもいいと思います。

    調剤だけでなくドラッグストアなどのOTC業務を考えてみるのもいいかもしれません。
    ドラッグストアでも薬剤師しか販売できない薬がありますし、慢性的な薬剤師不足になっているようです。調剤併設のドラッグストアなども一日の処方せん枚数によっては余裕をもって働けるようです。

    薬剤師にもいろいろな働き方がありますから、あまり肩肘はらずに自分のペースで働ける職場を見つければいいんじゃないでしょうか。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する