コールセンター内のサーバーエンジニアの仕事内容0view

サーバーエンジニアとしてシステムの運用・構築を手掛けたいと思っており、コールセンター内でのサーバーエンジニアの求人を見つけました。コールセンター内の社内ヘルプ対応やインフラ設備を行うようですが、実際に勤務されている方の体験談をお聞きできたらと思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. kurumisawa3856 2017/11/27 21:23

    コールセンター内で社内ヘルプ対応を行っています。質問者様が見つけた求人と近いのではないかと思い、回答させて頂きます。
    仕事内容としては、主に電話を受ける方(コールセンターの受付)から「パソコンの調子が悪い」、「WEBページを更新して欲しい」などといったシステム面でのヘルプ対応を中心に解決していく仕事です。
    社内には受電するためのパソコンが複数あり、どれも初期設定から受電に必要なアプリケーションのインストール、その後のサポートも行っております。
    また、受電する案件(会社名)が増えて端末が新規に必要な時は、必要な数を発注して設定していきます。
    部分的なパーツを購入し、現行の端末の部分に交換することもあります。
    普段のヘルプ対応では、「ヘッドセットから音が鳴らない」、「自分の声が相手に届かない」、「パソコンが固まった」などの不具合を対応してくことが主となります。

    それだけではなく、毎日更新されるオーナー様からの資料を社内用に作成し、最終的にHTMLのWEBページにしていきます。
    作成したWEBページは社内システムを経由して閲覧、それを見ながらお客様とコミュニケーションを取ることとなります。
    基本的に毎日更新されるのですが、月によって変動があり、更新が少ない月もあれば物凄く多い月もあります。
    その資料を日々最新のものに更新していくことでお客様と社員のコミュニケーションが円滑になります。

    インフラ面では定期的にサーバの保守チェック、LAN配線の点検などが主な業務内容です。
    コールセンターは複数の端末、複数の社員での業務になりますので、このインフラ面は重要な役割を果たしています。
    「インターネットに接続できない」などの障害が起こった場合は、その端末のLANケーブルの交換や新規LANケーブルの作成を行います。
    万が一、災害で停電などが起こった場合は速やかに無停電電源装置(UPS)を起動させ、停電が回復するまで立ち会い、社内のインフラを保守します。
    インターネットに接続ができなくなると、受電業務そのものが停止してまうのでここでは迅速な対応が求められます。

    また、サーバの保守チェックではコールセンター内に置いてあるサーバに怪しい不具合が無いか、正常に機能しているかのチェックを行います。
    不具合が見つかった場合はその場で対応できる場合は対応し、難しい場合は本社と連絡を取り、共同対応します。

    どの工程も専門的な知識が必要不可欠であり、障害時での最短の復旧ルートの構築、円滑なコミュニケーションが問われる職種だと実感しています。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する