携帯電話ショップで働いているとどんなストレスがありますか?50view

今、接客業の仕事をしています。衣料品の販売をしているのですが、私のいる会社はどうしてもノルマがあって、自分でほしくもないのに服を買わなければいけなかったりと、仕事をしていても余計な出費や精神的にもストレスがたまってきます。

基本的に接客業は好きなので、お客さんとの接客はあまりストレスにならないのですが、そういうところ以外のストレスがどうしても耐えられなくて転職をしようかと悩んでいます。

接客業の一つとして携帯ショップのスタッフもいいなと思っているのですが、実際ストレスを感じることとかはどうなんだろうかと思いまして、リアルな話を教えていただけませんか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. minohara_6158 2017/08/28 18:40

    一番のストレスは、個人情報の取扱いのところです。
    契約業務(新規での受け付けや機種変更の受付など)においてお客様の大切な免許証やキャッシュカードなどを一時的にでも預からなければいけないことはより慎重になるのでストレスにはなると思います。
    また、個人情報はこれだけではありません。お客様の携帯電話(ガラケーやスマホ)に入っている電話帳に保存している電話番号やメールアドレス、写真も個人情報の一つです。これが一つでもなくなってしまってはならないのです。たまたま一枚の写真データがなくなっていた場合でもそのたまたまがとても大切な写真であることもありますし、基本残している写真は大切ではないものなんて一枚もありませんよね。そういうことを常に緊張感を持って扱わないといけないのです。
    スマホからスマホの場合はデータの管理は自己責任になってきていますが、初めてスマホにする場合はなかなかそうはいかないんです。ガラケーからスマホに移す場合は、ショップにあるデータコピー機を使うことが多いのですが、この場合はなかなか難しいです。移って当たり前的に思っていますし。あまり深くは言えませんが、色々あるので、緊張感は常にあるということは理解しておく必要があります。
    私も部下が法人契約のスマホに保存していた500件余りの電話番号データをスタッフの意操作ミスですべて消去してしまったということもありました。もうそうなったら大変です。どれだけ謝罪してもしきれません。代償は大きすぎます。
    そういうことは大体緊張感の緩みが原因です。緊張感はほかの業種よりも持続しなければいけない業種かもしれません。

  2. epookurano 2017/08/24 18:17

    ストレスですかぁ。そりゃぁありますよ。いろんな種類のショップがありますが、女性の服を売っていれば、彼氏からのプレゼントや一部の例外を除けば、そのブランドが好きな女性がその店を訪れるはずですよね。その層というのは全ての女性からすればほんの一部のはずです。しかし、銀行や携帯ショップのような老若男女全ての層が来ることになるショップというのはいろんなタイプのお客さんが来店します。

    こんなこと言っちゃいけないかもしれませんが、普通の人や、すごく柔らかい人はもちろん大多数なんですが、その中には残念ながらクレーマー気質の人もいるんですよね…。そういう人は本当に大変です。ショップのスタッフはそういう方の存在は注視しますし、神経もかなり使います。
    あとは、ちょっとしたことがお客様には癇に障ってしまうということも全くないというわけではないので、接客は基本的には常に気を使っています。

    もうひとつは、本来はショップでは扱えない内容をショップのいちスタッフが良かれと思って取り扱ってしまって、お客様の立場とすれば自分に都合のよい方を取るのは仕方ないのですが、「あの店では教えてくれたのに、なんでこの店では教えてくれないの?」ということはよくありますね。

    どういうことかというと、各携帯電話会社が扱っているコンテンツ以外のコンテンツは別の企業が運営しているので、自分が利用しているからわかる場合もありますが、それはあくまで使っているから知っているだけでしっかり仕組みを理解しているというわけではありません。
    例えば、一番良くあるのがLINEについてです。ご年配のお客さんが初めてスマートフォンを持ってよく使うであろうアプリであることはショップ側も理解はしているのですが、あくまでLINEは携帯会社が運営しているわけではないので、下手に教えることができないんですよ。もし、お客さんの事情を理解しきれていなかった場合に誤った操作をしてしまってメールのやり取りが消えてしまうとか、写真データが吹っ飛んでしまうとかが起きてしまっては責任が取れないんですよね。
    ですからそういうことを理解してもらえないお客さんも多いのですが、怒られることもあります。それでも、断らなければいけない場合もあるんですよね。
    そこを理解してもらえないこともわかるんですが、携帯会社として踏み入れてはいけないこともあるので、そういったことを丁寧に説明しなければいけないということもあります。
    わかってもらえることが多いのですが、やはり理解してもらえない場合も実際はあるので、申し訳ないなというのも別の観点からのストレスになるかもしれませんね。

  3. bekkuu 2017/08/21 19:25

    どんな仕事をしていくにしても、全くノンストレスで過ごせるなんてことは絶対ないと思うので、そういう面からは楽な仕事なんてないと思います。ただ、携帯ショップならではのストレスというのは確かにあると思います。

    その中の一つは、契約業務であるということです。契約を結ぶということは書面を出されて「ハイ、これにサインしてください」で終わることではないのです。「こういう内容で毎月いくらのプランを使って利用しますよ」、「この年のこの月以外に解約すると違約金というのがかかりますよ」などなど説明することが目白押しです。
    そして、説明するだけじゃだめなんです。それらを理解してもらわないといけないのです。
    そうしないと、言い方は正しくないかもしれませんが、これは聞いていないとか話がなかったとか言われてしまうのです。手を抜くわけにはいかないのですよね。そこがとても神経を使いますからある意味ストレスになるとは思います。
    こういうことが日々続くわけですが、ただそれがすべてではないのですからね。

ページ上部へ移動する