看護師4年目、感染症予防はしっかりしているはずなのに感染してしまう29view

看護師になって4年目です。私の勤めている療養型施設では、カンジタ症などの感染症患者の方がいます。そして、初めて角化型疥癬の患者様に会いました。疥癬の患者様は個室で、入室するたび常に新しいマスク、予防着、手袋、帽子、靴カバーを着用し、室温、気温ともに維持をしています。
直接患者様と触れることのないよう気をつけているのですが、私を含め、看護師、介護士数名が感染をしてしまいました。
ガウンテクニックは徹底的にしてるし、予防着や、帽子は使い捨てではないので、熱湯処理してさらに滅菌もかけてます。家に帰っても、衣類の熱処理や、布団干しにおわれ、休み時間には布団を取り込むという毎日でクタクタです。
どんなに気をつけていても感染するし、感染しても、病院からの援助、保証はありません(有給ではない休みや、それに伴う出費)。家には小さい子もいるし、毎日が気が気ではありません。カンジタも疲れているのか、感染しやすく、勤めている病院ではない病院で診てもらっています。

角化型疥癬について、感染された場合どのようにしていますか?また、カンジタ感染など、どう対処しているでしょうか?洗濯するのも大変なのに、さらに自分のは熱処理をして、個別で洗う作業に疲れ果てています…。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 69koinuma 2017/11/28 13:29

    疥癬は厄介ですね。私は老人ホームで看護業務を行っております。通常疥癬はよく見かけ、痒そうにしている姿はかわいそうに感じるほどです。
    ガウンテクニックを徹底的に行なっているようですが、他の方達はどうでしょうか?適切に行えているでしょうか?更衣室などで感染するとも聞いています。一度管理者に相談して、疥癬感染予防の講習会などを開かれたらいいと思います。

    カンジタは、免疫力低下などが原因ですので、まず、疥癬をどちらのタイプか確認をし、それぞれの対処法に従えば、疲れることなく日常生活を取り戻せると思いますよ。

  2. zjukiana 2017/11/24 18:15

    もし角化型疥癬なら感染予防のため出勤停止になります。なので、労働基準法による休業手当ての対象になり、業務災害として労災保険の保証対象となると思います。医療費も労災からの補償が出ます。多分通常疥癬ではないでしょうか?通常疥癬の場合、一ヶ月間の潜伏期かがあり、看護業務は通常通りできます。洗濯も普通に洗濯して大丈夫ですよ。

  3. toukai 2017/11/21 19:28

    皮膚科に勤めている看護師です。ご存知かもしれませんが、カンジタは常在菌なので健康な場合表には出てきません。なので、相当疲れているようにお見受けします。
    しかも、角化型疥癬は免疫力が低下している人に感染しやすいのです。通常疥癬と、角化型疥癬(ノルウェー疥癬)の二種類があり、どちらもヒゼンダニが寄生して起こるもので、どちらも同じダニですが、1000倍近く増えるのが角化型疥癬と言っています。通常疥癬は健康な方でも感染しますので、もし、質問者様が、角化型疥癬を患っているのであれば、カンジタも感染しやすく、免疫力低下が考えられます。なので、もし、角化型疥癬なら、お仕事は通常1〜2週間お休みになると思いますよ。

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

ページ上部へ移動する