大手の薬剤師専門の転職エージェントを利用した方がいいのでしょうか8view

転職活動中の薬剤師です。ネット上にはたくさんのエージェントがあるのですが、担当者が面接にまで同行してくれるものと、電話とメールだけで、転職先との対応はほとんど一人でやらなくてはならないものと、大きく2つに分かれると思います。
エージェントとして評価が高いのは、担当者がつかないタイプが多いのですが、転職先の情報を、直接担当者と話し合いがない状態で鵜呑みにしていいのか心配です。
現時点で多くの転職先を教えてもらっていますが、薬局のいい点だけを押してくる感じがして、実際の薬局の状態があまりはっきりとしてきません。
面接を受けることで、自分が聞きたいこと・疑問に思っていることは少しは解消していくとは思いますが、やはり担当者が同席するエージェントのほうが自分が聞きにくい点を代わりに質問してくれたり、面接後のフォローもあると思うので、エージェントもどこを選んでいいのか分からなくなっています。

面接する薬局をいくつかに絞る際に、たくさんのエージェントに相談しても、情報が多すぎて逆に、薬局を選びにくくなってしまうので…。どのようにエージェントを選んだらいいのでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. lackberg 2017/11/25 9:01

    私の場合には、3つのエージェントから薬局の情報をもらっていて、1つは担当者が面接にも同行するもので、そのほかは電話とメールのみです。
    実際に利用したのは、担当者がいるエージェントでしたが、結果的には80点といったところです。

    最初の段階では、3つのエージェントから、自分の希望する条件や、こういう薬局は避けたいというリストを渡しておいて、その後まずは電話でやり取りしたのですが、その時に対応が良かったのは担当者がいないエージェントでした。そのようなエージェントは、直接会って対応してもらえるわけではないので、まずはどれだけ電話でいい対応を出来るかを考えているのでしょう。
    情報も多くあり、毎日のように電話やメールにて連絡を貰えるのですが、よくよく聞いていくと、薬剤師の退職の回転率が高く、薬局から頼まれて薬剤師を積極的に雇用するため、エージェントが積極的にその薬局を押してくるパターンがあることです。
    その薬局が少し自分の望む条件とずれていても、いい点を毎回説明され、何となくいい薬局かも知れないと思い始めてもいましたが、他のエージェントにその薬局のことを伺った際になぜその薬局を勧めてくるかの理由が分かりました。
    その時点でそのエージェントへの信頼度が下がり、情報をもらうだけにするにとどめました。

    その後、担当者が同席するエージェントと何度か面談をする中で、その担当者が薬局の正しい情報をもっているか、こちらの疑問に対して薬局にすぐに対応してもらえるかが分かってきましたので、そのエージェントに決めました。

    私が薬局に質問した内容は、在宅業務・かかりつけ薬剤師・健康サポート薬局の体制を今後とる予定かどうか、年収の上昇率、離職率、退職金制度、管理薬剤師などへの登用までどのくらいの期間を考えているのか、調剤内規など内部体制がしっかりしているのかどうか、そしてOJTを始めとした教育体制が整っているのかどうかでした。
    特に離職率やお金に関するところは自分では聞きにくい所でしたので、担当者がいるとその点では助かりました。

    面接は社長と人事担当者のみで、見学した店舗は、実際に配属される所かは分からない店舗でしたが、質問内容には答えて頂けたのと、担当者が、私が思いつかないよう点からの質問もしてくれたので、大体の今後の仕事の流れが掴むことができ、その薬局に決めました。

    ただ実際に入職してみないと内部事情は分からないもので、今の薬局は社長の意見一つでがらっと方向転換する傾向があるようで、在宅業務もやらない方向ですが、調剤報酬や他の薬局の方向性を考えた時に、在宅に参入しないとも限らないと同僚から聞かされました。
    面接時には在宅業務に携わらないと伺っており、私もその点が一番の条件でしたので、正直驚いているのが現状ですが、契約時に在宅業務には関わらないと伝えておりますので、その点は自分で対応する必要があるかと思っています。

    結論としては、エージェントを選ぶポイントとして、やはり担当者が実際に同行してもらえる方がいいのではないでしょうか。
    もちろん今回のように、自分で直接社長に質問しても、実際は…ということもありますが、それはエージェントも担当者も分かりかねるところでもありますし、そういう内部事情は、転職後に担当者に伝えることで、今後転職する方への情報のフィードバックとして役立ててもらえるような関係性を保つことも出来ると思います。
    そして何より担当者の顔が分かっていることで、転職後も何か問題が起きた時に、担当者に会って話すというメリットは大きいですし、安心感があります。
    その点でも私は、担当者がいるエージェントを選んだ方が、より自分の望む薬局を選びやすいと感じています。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!ファルマスタッフと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する