病院から調剤薬局に転職して大変だと感じる事は何でしょうか。63view

現在病院に勤め始めてまだ一年経過していない状態の薬剤師ですが、転職を希望しています。
最初の段階では、服薬指導や病棟業務などができるという説明を受けていたのですが、実際は薬局という存在も病院内では薄く、コメディカルとの連携などほとんどできていない状態です。
服薬指導もほとんどしない状態で、一部の薬(吸入や点鼻など操作方法が難しいもの)のみ患者さんに説明しているだけです。

病院という中で、薬剤師の位置がこれほどまでに低い状態では、今後薬剤師として働いていけるのかと疑問を感じ始め、調剤薬局を検討しています。
調剤薬局であれば、面の処方箋を扱う機会も増えると思いますし、病院のようなルーティーンワークからは少し離れられるのではと期待しています。
実際、病院から転職された方で、現時点で苦労されていることがありましたら、ご意見をお願いします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. bettouyasiki 2017/11/25 12:35

    私も病院から薬局に転職した経験があり、現在でも調剤薬局に勤めております。

    最初は脳神経外科の専門で、他にも内科・神経内科・消化器科・循環器科・歯科を扱っていましたが、残念ながら、病院ではあまり勉強になるようなことはなかったように思います。
    確かに病院にいると、注射剤や治験業務などの特殊なものも体験でき、その点では調剤薬局よりは専門性が高く感じますが、基本的に扱う薬剤も変更がなく、入院患者の定期処方を扱うのみで、変化には乏しかったように思います。

    それに比べて調剤薬局は、門前薬局を除けば、面での対応がかなり重要です。
    今は大病院の門前もあまり処方箋を受け取れる確率が高くはなく、病院内のFAXで、患者さんが自由に薬局を選んで処方箋を送れますので、競争率が高くなっています。そういう意味では、処方箋をどれだけ逃さないかということが、面で受けるには大切になってきていますが、その弊害として、最近でも話題になっている、処方箋の集中率を低くするための処方箋の付け替えなどの問題も起きているのではないでしょうか。

    また、基準調剤加算取得のためのジェネリック医薬品の取り扱いを増やしたり、健康サポート薬局の認定を取得するための薬剤師の教育、在宅医療への参入など、様々な努力が調剤薬局では求められます。
    特にジェネリック医薬品の普及については、今後80%という大目標が掲げられている中で、実際に達成できるかというと、ほとんどの中堅薬局は難しい現状です。
    大手の調剤薬局では可能かもしれませんが、その代わり処方箋の集中率が問題になったり、店舗移動など人材の移動なども行われるので、病院のように長く同じ部署にいるという感覚は持てず、常にヘルプに回れるような心構えが必要かもしれません。

    在宅業務もなかなか普及していないのが現状で、認知症患者などであれば、服薬指導を含めて薬局がどのように患者さんをサポートできるかをアピールしやすいですが、一般の患者さんに対しては、金額負担が一番の問題であり、そこまでのサポートを薬局に求めている患者さんの数が少ないこと、またケアマネなどの薬剤師との連携の低さが、在宅での薬剤師の参入を阻んでいると思われます。
    もちろんそこで薬剤師一人一人が今後、在宅業務に力を入れていくという志とコメディカルなどへの働きかけが進めば、もっと薬剤師のできることも増え、認知度も上がってくるかと思いますので、周りに期待するよりは、自分自身が今後、どのような薬剤師として働き、評価されたいかが重要かと思います。
    病院との大きな違いはやはり、調剤報酬が経営を圧迫していくことによって、薬剤師への給与や待遇の変化が今後、ますます厳しくなることかと思います。

    ただ先ほども書かせていただきましたが、薬局として患者さんにどう職能を理解してもらうかという努力次第で、逆に調剤報酬は上がる可能性がありますので、悪い面のみならず、いい面をもっと探していけば、大変さよりもやりがいのある仕事になっていくと考えています。

    調剤薬局への転職は一つのチャレンジかと思いますが、迷っているのであれば、転職をオススメします。
    転職によって薬剤師への評価や立場も違って見えますし、実際に調剤薬局で働くことで、病院では知り合えない職種の方や人との関わりが増えますので、ぜひとも調剤薬局での経験を増やして、経験豊かな薬剤師になっていただけたらと思います。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する