人材派遣会社の営業職が携わる仕事内容って?53view

人材派遣会社の営業職は、どんな仕事をしているのでしょうか?派遣先を開拓するのが仕事ですか?転職先の候補にしているのですが、詳しい事情が分かりません。詳しく具体的に教えていただけると助かります!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. norlen 2017/11/19 12:30

    人材派遣会社の営業職は、派遣先獲得のための営業活動、求人に適した人材の選考、就業後のスタッフフォローが主たる仕事になります。
    派遣先は一般企業から公的機関まで様々ありますが、紹介営業から新規開拓営業まで幅広くあります。
    まず、紹介営業の場合は、既存取引先から派遣社員を探している企業を紹介していただき、紹介先へ直接または電話にて求人情報を伺います。新規開拓営業の場合は、電話アポイントまたは直接企業へ伺い、求人の有無を確認します。開拓先については、ハローワークや自社ホームページなどで求人掲載をしていると実際に人材を探しているということになりますので、そのような情報を確認した上で開拓すると効率的です。また新規開拓営業の場合は一度で求人になることは非常に少なく、何度も企業へ通い担当者とのコミュニケーションをとって信頼関係を構築した上で求人獲得になるケースが多いです。

    求人獲得ができましたら、次に求人に適した人材を探します。人材派遣会社では、派遣登録している方のデータベースがあり、そこから条件に最適な人材を探していきます。電話または面談にて、求人条件を説明した上でその求人に適した人材を探します。求人条件については、就業先や就業時間だけでなく、派遣先企業のスタッフの人数、年齢層、スタッフはどのような雰囲気かなど、細かく伝えることが非常に大切になります。派遣先企業の条件について、登録している方へ伝えた内容に齟齬があった場合、トラブルに発展するケースが非常に多いです。また、求人はたいていの場合は急募が多いため、求人獲得から人材紹介までは1週間程度という早いペースで行うことが重要となります。

    人材が見つかりましたら、派遣先企業担当者へ人材の紹介を行います。人材派遣の場合は面接は行いませんので、あくまでも顔合わせという形になります。また、人材派遣会社が派遣社員との契約を行うため、契約書作成や各種保険加入の手続き、制服の準備など事務的な作業も営業が行うケースもあります。契約書については、派遣先企業と締結するものについても営業が作成するケースがあります。営業1人に対して営業事務がついている場合は、事務的な作業は全て事務が行ってくれるでしょう。

    派遣社員が勤務開始した後も、営業はその社員のフォローを行います。特に最初のフォローが肝心です。就業開始して慣れない環境で経験のない仕事であれば、一人で不安を抱えてしまうことが多いです。そんな気持ちを営業が汲み取ることで、社員の早期退職を防ぐことができます。

    以上が、一般的な人材派遣会社にて営業が担当する仕事内容となります。

ページ上部へ移動する