ゲームプログラマーの独立・起業・フリーランス事情は?95view

ゲームプログラマーでも独立・起業したり、フリーランスになる人も多いと思います。ゲームプログラマーの独立・起業・フリーランス事情について教えてください。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. alberto 2017/10/16 13:38

    ★ゲームプログラマーが独立してフリーランスになるのは実際に多い
    腕に自信のある、ゲームプログラマーであればフリーランスになる選択肢はアリです。会社員よりも多い収入を得ることが出来るので、そのようにしている人が多いのも事実です。最近ではゲームプログラマーのフリーランスを手助けする会社も増えたり、クラウドソーシングを利用したり、さまざまなことが出来ることも手伝っています。
    フリーランスになる際にはある程度の技術があること、お金の管理が出来ること、人脈があり広げられることが求められます。お金の管理以外はゲームプログラマーであれば求められることなので、フリーランスを考えているのであれば、お金の管理、特に税金周りは知識を持った方が良いでしょう。

    ★ゲーム会社社長の中には元ゲームプログラマーも多い
    有名なところではドラゴンクエストシリーズの開発をしたチュンソフトの中村光一社長(現会長)も元はゲームプログラマーとして活躍をしましたし、任天堂の元社長である岩田聡もゲームプログラマーとして活躍をしていました。ゲームプログラマーはゲーム制作の中心であり、リードする場面が多いことからも組織を引っ張る役割を求められるので社長業にマッチする所も多いです。
    起業を考えているのであれば、周りを引っ張る力が特に重要になるので、普段の仕事からリーダーシップを発揮するようにすると良いでしょう。

    ★独立・起業・フリーランスになるなら人脈が重要になる
    会社に従業員として働かずに、自分がトップになるやり方や一つの会社に縛られないフリーランスは大きな可能性を秘めています。技術、経験が重要であることは間違いありませんが、人脈をきちんと作ることをおすすめします。
    基本的にゲーム会社は狭い世界の中でさまざまなことが行われています。人脈を作り上げることによって、チャンスが舞い込んでくることもあります。これはゲーム会社だけでなく世の中全般に言えることですが、仕事を作るのは人間であるからです。
    従業員であれば、極論言えば会社の上司だけの人脈でも仕事はできてしまいます。しかし、独立・起業・フリーランスになったら話は別です。独立・起業なら自分が仕事を作ることもありますが、仕事を完遂させるための人員を得るための人脈も必要になります。フリーランスの場合は渡り鳥のように色んな会社で力を発揮することになりますが、行くあてがなければ力を発揮できません。
    最初から独立・起業・フリーランスになることはアリではありますが、従業員時代で経験を持ちながら人脈を大切にしていけば、仕事に困ることはあまりないでしょう。

    (企業や独立はもちろん、メリットだけでなくデメリットも出てきます。例えば社員の状態であれば、ある程度は保証されているので安心できる部分もあります。フリーランスや社長には保証はありません。自分の成果がそのまま帰ってくるからです。それをやりがいとするかどうかだけになるので、独立を考えているのであれば、覚悟が必要ですね)

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する