百貨店の販売担当の社員の休日と残業事情とは?77view

百貨店の販売担当社員の休日や残業事情はどうなっているのでしょうか?世間がお休みの時に働かなければならないイメージがありますが、希望すれば土日祝日も休むことはできるのでしょうか?長期休暇は取れますか?教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. nizaki 2017/10/11 4:52

    ・百貨店の販売担当の社員の休日事情
    百貨店で販売の仕事をしていると、きちんと週2日お休みを取ることができます。
    売り場のメンバーでシフト制になっているので、基本的に不定休です。
    シフトの希望を出せる売り場もあれば、出せない売り場もあります。

    シフトのルールはリーダーのやり方によります。
    運がよければ平日休みと土日休みが両方あることも。
    ただしみんな子供がいたり、予定があったりと土日に休み希望を出す方が多いので希望が通らないこともしばしばです。
    平日休みがあるとどこに出掛けても空いているので、買い物や美容院などは時間が掛からなくて快適です。
    逆に世の中の人が休みの時には働かなければならないので、週末や大型連休は稼ぎ時なので休みは取りにくいです。
    どうしても土日休みの仕事をしている友人と予定が合わずに疎遠になってしまったり、恋人と予定が合わずに破局してしまう人も多かったです。
    また、結婚式で休みたいという人がお日柄が良い日などは数人被ってしまい、休みが取れないこともありました。
    通常のお休みの他に、3ヶ月に1回くらいのペースで1週間の長期のお休みが貰える制度があったので、同じ業種の友人と休みを合わせて旅行に行ったり、ひとり旅に出たりとゆっくり出来ます。

    ・百貨店の販売担当の社員の残業事情
    販売の仕事は基本的にシフト制になっているので、営業時間によって早番遅番などがあります。
    お客様の接客に入ってしまうと、いくら退社時間だとしても途中で帰ることは出来ないので予想外の残業になってしまうこともしばしばです。
    ベテランの販売員になってくると上手な接客できちんと切り上げるようにしています。

    お客様対応の残業の他に大事な業務が、売り場の展開替えの残業です。
    週に1度大掛かりな商品の配置変えを閉店後に行います。
    季節や気候によって店頭に出す商品を変えるので、什器やマネキンを移動させたり、商品を並べ替えたりします。
    また特別なセールや、催事などはもっと大掛かりになるので終電ギリギリまで残業することもあります。
    自分の担当の売り場によって残業にかかる時間はかなり違ってきます。

    最後に百貨店の販売の仕事はご来店いただいたお客様をお迎えすることが一番大事な業務なので、自分のコンディションを整えることが大切です。
    その為、休みはしっかり取れるのが良いところ。休日に仕事を持ち帰ったり休日出勤をするということはまずありません。
    仕事とプライベートをしっかりと分けたい方におすすめの職種です。

ページ上部へ移動する