外資系製薬会社勤務のMRです。今の会社を辞めたいです。80view

現在外資系製薬メーカーに勤めているMRですが、辞めたいと思っています。
MRの仕事自体が嫌なわけではないですが、MR含め、転職を考えています。
同じように外資系製薬会社に勤めていて転職された方、どのような職につかれましたか?また、その仕事に就いてみてどうですか?教えてください。
薬剤師免許は持っていないので薬剤師につかれた方以外でお願いします!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. kikuda_34 2017/10/11 20:38

    長ーくなりますが。
    新卒で外資系製薬会社に入社したあと、結婚を機に2回ほど転職をしました。
    私は治験コーディネーターと、コントラクトMRで働いたことがありますので、それぞれどうだったか書きますね。

    まず治験コーディネーターについて。
    いわゆる、CRCというものです。MRからの転職というと、CRAつまりモニターになる人は良く聞かれるかと思いますが、治験コーディネーターは稀かもですね。
    CRCは、ドクターや看護師さん、医療費の請求の部分や、次回の来院の予約の際には医療事務さんなど、治験がスムーズにすすむよう医療機関側でサポートする仕事です。
    CRAが製薬会社側の仕事を委託されるのに対して、CRCは治験に関する医療機関側の仕事を委託されるようなイメージです。患者さんにも、治験について説明するために直接関わります。なので、患者さんには医療機関のスタッフとして接せられます。
    CRCの良い点は、薬の開発に関わりながら、患者さんと接することができる事、また、MRよりも仕事の責任はかなり重いと思うので、責任感ある仕事ができる点です。MRの時には見ることができない、しかもまだ未承認の薬への反応を間近に見ることができるのは特権でしたよ。

    悪い点は、MRから転職すると、間違いなく給与は落ちると思います。私は年収半分になりました。また、今は国際共同治験が多いので、プロトコールが英語でかかれていることが多いこと、また、プロトコールについて疑問が生じた際、グローバルに問い合わせなくてはいけないことがあります。よって、英語が関わってくることは必ずあるかと。
    また、治験に参加してる患者さんの来院が土曜日に入ったりすると、必然的にCRCも土曜日に出勤になります。しかし休日の出勤手当がない会社もあるので、もらえるのは代休だけということも。同じような理由で、患者さんの来院が遅い時間だと、CRCもその時間にいなくてはならないため、遅くまでの出勤になります。

    営業的なノルマはありませんが、決して楽な仕事ではないです。かなーり細かい仕事も多々ありますし、やらかすと、その患者さんのデータが使えない!なんて大事にもなるので、神経もかなり使います。よくいわれることですが、CRCの給料は本当に安いです。MRから転職するとなると、給与面での待遇の違いは覚悟しておいた方がいいと思います。

    続いてコントラクトMRについて。
    国内で2番目の規模のCSOで、専門領域の包括MRを2年ほどしました。感想は、すごく楽しかったですし、新卒の会社ではもてなかった大きい基幹病院ももたせてもらえたので、とても勉強になりました。新薬採用のプロジェクトだったので、薬審などもかなり経験できました。
    コントラクトMRの良い点は、新薬などを扱えることが多く、2年ごとに新しい職場になるので、常にチャレンジできる状況に身をおけることだと思います。
    悪い点は、クライアント先によってはコントラクトMRの扱いが雑だったり、初めての職場を経験し続けなくてはいけないところでしょうか。CSO企業と、クライアント先両方にレポートが必要なので、そこも慣れるまでは面倒に感じる部分かも。
    メーカーで働いていると、コントラクトって正直微妙!と思われるかもしれませんが、最近はメーカーでのコントラクトの起用も広がってきてるので、新薬を扱い続けたり、未経験でオンコに挑戦したりという選択肢をとることができる、バカにできない選択肢だと個人的には思ってます。

ページ上部へ移動する