システム会社のWEBデザイナーを辞めた理由127view

システム会社のWEBデザイナーになりたいです。憧れの職であるWEBデザイナーですが、既にWEBデザイナーとして働き退職された経験がある方の退職理由を知りたいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. lagergren 2017/10/08 14:33

    システム会社は基本的にシステムエンジニアの意見は通りやすく、デザイナーの意見は二の次になる場合が多いです。
    例えばですが、WEBデザインの案件があった場合、デザイナーとしてはこうした方が良いというお作法があったとしてもシステムエンジニアが難しい表現であれば却下されますし、逆もまたしかりで、デザイン的に難しい表現でもシステム有りきで事が進むので彼らのいう通りに対応しなくてはなりません。
    デザイナーとシステムエンジニアの間でうまく連携を取れているようで取れていない事が多々有りました。

    また、システムエンジニアやプログラマーは工数をとても気にして稼働します。
    案件を始める前に工数の見積もりを出すまでにとても時間をかけます。
    少なく工数を見積もってしまうと自分の首をしめる事になりますし、かといって多く見積もると上司からお叱りを受けます。
    デザイン作業はクライアントや案件によって修正回数が全く違うので作業時間が読めない場合が多く、いつもこれには苦労しました。
    デザイナーとしてだけでなく兼任でディレクターもしておりましたが、基本案件は要件の固まっていない丸投げ状態なのに
    デザインは早く作れ!という指示ばかりで苦労しました。

    システム会社という特徴柄、かたい真面目なイメージのデザインテイストが好まれ、結局いつも似たようなテイストの成果物になっておりました。
    デザイナーとしてはもっと幅広くデザイン制作実績を増やしたいので、そのへんもきつかったです。
    あと、システム関係の仕事道具には惜しみなく費用を使うのですがデザイン関係の物には極力費用を使ってくれませんでした。
    デザイナーとして最低限必要なデザイナーズソフト(フォトショップやイラストレーター等)も出し惜しみされ、なかなか購入頂けなかったのを鮮明に覚えています。

    給料面や待遇面も悪かったです。
    システムエンジニアはすぐに昇給するのですが、デザイナーは昇給した事がほとんどありませんでした。
    あまりにも酷かったので社長に直談判したのですが少ししか上がりませんでした。
    他にもシステムエンジニア向けには資格手当があるのに、デザイナーにはそのような手当は一切ありませんでした。
    システム会社なので常にデスマーチは起こるし、それに合わせデザイアー側にもしわ寄せが来てしまい休日出勤や残業も多く大変でした。
    みんながみんな、そうではないと思いますがエンジニアの人は融通がきかない人が多く悪い意味で変わり者が多かったです。
    そんな環境で仕事をするのが辛くなり、私は辞める事を決めました。

ページ上部へ移動する