コンタクトレンズ業界に転職するので、豆知識などを知りたい!361view

コンタクトレンズの会社に応募したら、とんとん拍子に面接、転職が決まり、嬉しい半面、コンタクトレンズ業界で働く知識がない事に入社直前になって不安を覚えました。
そもそも自分は視力抜群でコンタクトレンズとは無縁の生活です。

コンタクトレンズの基本知識から、豆知識みたいなものまで、何でも良いから教えて下さい。
中途採用なので、少しでも頭にコンタクトレンズの知識を入れて出社したいです!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 98haesito 2017/02/08 10:43

    うちのコンタクトの店に来たお客さんで、2ウィークの使い捨てレンズを2年付けっ放して人がいたな。寝る時も常に付けてたって。
    眼科の先生も、たまにそういう強者がいるって言ってたけど、実際見たのは初めてだった。
    その人女の人でね。でも、そういう人に限って目に傷とか余り入って無いんだよね。

    そしてなぜか、コンタクトレンズを購入する時に毎回真面目に診察をする、真面目な人に限って、けっこうアレルギー結膜炎とか、目に傷が入ってたりとかするんだよね。
    要は気合の問題かな。気にし過ぎてもダメなのかも。
    ってこんな知識でいいのかわかりませんが。新しい仕事、頑張ってくださいね。

  2. puerilis 2017/02/05 18:49

    豆知識になるのか分かりませんが、今殆ど使い捨てのレンズ、いわゆるソフトコンタクトレンズが主です。
    でもコストの面や、目がかなり悪い人、眼球に優しい(眼球に酸素を通しやすいのはハードコンタクトレンズです。)ものを選ぶ人は、けっこうハードコンタクトレンズを使います。
    でもそんな眼球に優しいハードコンタクトレンズも、実は瞼には優しくないという事情もあります。それは、ハードコンタクトレンズを5年から10年装用した人の実に8割が眼瞼下垂という瞼が下がってくる症状を引き起こします。
    私の周りでハードコンタクトレンズを使用している人は3人居ますが、3人とも眼瞼下垂の症状が現れています。まだ20代半ばです。眼瞼下垂は手術でしか治りません。眼瞼下垂になると、瞼が下がり、二重の人は二重の幅が大きくなり眠たそうな印象を受けます。ハードコンタクトレンズにはそういうリスクもある事は実はあまり知られていません。コンタクトは週にせめて4日に抑えて、目がと併用するのが実は一番に目に優しいです。

  3. benevolentia215 2017/02/04 10:08

    コンタクトレンズ業界で働いています。20代の女です。
    私の独自の意見ですが、コンタクトレンズを買いに来るお客さんは基本いい人、真面目な人が多い様に思います。

    なぜかと言うと、今は、インターネットで診察無しでコンタクトレンズは買える時代です。
    それをしっかり診察して買うんだから真面目な人が多いと思います。
    しかし、コンタクトレンズは医療器具です。本当は購入の度に医師の診察を受けるのが一番理想的です。
    特に、今はコンタクトレンズ使用の低年齢化が進んでいて、小学生でもコンタクトレンズを買いに来ます。その時注意しないといけない事は、小学生の眼球はまだ未発達だという事です。
    やむを得ない理由がない限り、小学生の内からコンタクトレンズを使う事は避けた方が良いと思います。

    また、新規のお客様がコンタクトレンズを作る時には、メガネを持っているかという質問を私は必ずします。
    実はコンタクトレンズは目の負担はとても大きいです。でも、若い10代の人は目にも潤いがしっかりあるため、コンタクトレンズを外し忘れて寝てしまっても案外平気です。でも、目へのダメージは確実にあります。

    なので、必ずメガネと併用して、必要な時のみコンタクトレンズを装用する。家に帰ったら一番にコンタクトレンズを外すというのを心がける事が大切です。私はその説明を新規の人や、若い人にはリピーターでも可能な限りします。
    目は体の中で最も早く歳をとります。7歳でそのピークを迎え、後は下り坂で40歳のには歳をとって、いわゆる老眼になります。

    目は大切です。自分の受け持ったお客さんにはきちんとした目の知識を持って正しいコンタクトレンズの使用をしてほしいと思います。

ページ上部へ移動する