一般家庭ゴミ収集運転手の仕事内容って?22view

家庭ごみ収集車の運転手募集の求人を見つけました。興味があるのですが、ごみを集める人というだけで詳しい仕事内容が分かりません。経験者に詳しい仕事内容をお聞きしたいです。よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. ludius 2017/08/31 5:00

    私の仕事は各家庭から出るゴミ(可燃・不燃)を行政から借り受けた収集作業車に乗って集める仕事です。勤務時間は8:00~16:45であり、残業はありません。休日は土日と年末年始です。祝日は関係なく勤務です。
    私の担当地域は山岳部が多くあり、落石・倒木の危険が常にあります。落石はよけて進まねばパンクに繋がる恐れがあり、倒木は車の破損もしくは収集員そのものの危険もはらんでいると言えます。現に数名の収集員が軽いケガをしています。
    走行距離は日に平均100~200キロほでであり、業務に支障(他の収集車のトラブル)が出れば、さらに伸びます。その分、収集車も消耗が激しく、定期メンテナンスは欠かせません。仮にこれに難が出ると収集日に使えない事態になるので要注意です。収集車は2種類でパッカーとダンプです。
    ゴミの種類であるが、大まかに四種(生ごみ・資源ごみ・金物・ビン類)であり、これを曜日毎の割り当てで収集していきます。中でもビン類は危険であり、少し触れたりするだけで切れるような出され方をされている事があります。生ごみはパッカーの巻き込みという部分では危険ですが、余程近づいて入れなければ巻き込まれる事はないので、ビンほどでははありません。しかし、汚いという意味では1番です。最悪何故かゴミ袋に入っている汚物・排せつ物が飛んできて汚れるからです。服は着替えればまだ良いですが、顔に当たったりすると目もあてられません。
    ゴミの量として多いのは夏場(同時に最も汚い)であり、匂いも凄いです。特に肉・魚を生ごみに入れられていると、午後から行く事になる地域は匂いとの戦いになります。逆に冬場は量も少なく、匂いもしづらいので11月~2月くらいまでは仕事のし易い時期と言るでしょう。
    しかし、冬場は運転手にとって危険が増します。雪が降る地域だからです。山岳部が多いため、雪になると凍結道路を行く事になり、常にスリップ・横転の危険と隣り合わせになります。しかも、行くときは上り帰りは下りになる事が多いので、凍結時の特に危険です。冬場は全車両スタッドレスに履き替えるますが、それでも怖いです。
    この他にも不法投棄のパトロールに収集地域のさらに奥まで出向いたり、ゴミ袋の配達に行ったりと1日を通して行ったり来たりの仕事です。事務所でもあれやこれやの雑務(収集時間外に出したゴミに対する対応など)とやる事は多いと思います。
    簡単ではありますが以上で仕事内容の紹介を終わります。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する