ドラッグストアの薬剤師の仕事内容とは?14view

現在、調剤薬局の薬剤師として勤務していますが、ドラッグストアの薬剤師へ転職しようか思案中です。ドラッグストアは薬剤だけでなく医療品などの販売もあり、仕事内容が多岐にわたると思うのですが、実際などのような仕事をされているのでしょうか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 薬剤師転職の最大手!悩み解決はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. emptio 2017/08/25 10:44

    私は三年ほど前からOTC専門の薬剤師として大手のドラッグストアで働いています。ドラッグストアでの仕事は多岐にわたり、調剤薬局や病院で勤務している薬剤師の仕事とはまったく違ったものになっています。
    まず、薬剤師にしかできない仕事ですと誰もがすぐ思いつくのがロキソニンやガスターなどに代表される一類医薬品の販売でしょう。一類医薬品は薬剤師が対面で販売することが義務付けられていますので必ず薬剤師の対応になります。私は比較的繁忙店で働いているので一日で30人前後の人にこの一類医薬品を販売しています。以前購入経験がある方には併用している医薬品がないか、効果がきちんとあったかなどを確認します。初めて使う方には説明用の文書をお見せしながら用法容量、注意事項などを説明していきます。他の併用薬がある場合は一緒に使っていいかの確認もします。
    一類医薬品でなくても、風邪をひいたとか胃薬が欲しいとかでもよくお薬の相談を受けます。1日の業務のほとんどはレジ打ち作業になるので、レジを打ちながらお客様の相談にのります。
    レジ打ち以外にもやらなければならない業務はたくさんあります。まず発注です。担当の棚を与えられるのでそこの商品は責任を持って発注をかけ欠品をおこさないようにします。発注するだけでなく新商品が入った時は即日展開が基本になっているのでスペースを作って商品を展開します。年に何回か棚替えがあり、その時は売り場を指示書を参考に大幅に変えることもあります。これは1日がかりの作業になるためかなり大変です。そしてドラッグストアにいくとよく貼ってある〇〇円引きのポップがあると思うのですが、そちらも自分で印刷をし、売り場のサイズに適した大きさにリサイズをして貼らなければなりません。
    また、ドラッグストアには必ず強化品と呼ばれる粗利率の高い商品があります。この売り上げを伸ばすために売り場を変えたり、並びを変えたりなどの必要性もあります。強化品以外の商品でも売り上げが落ちぶれているものなどはその理由を考えて何かしらの対策をしなければなりません。売り上げが落ちる原因として近隣店舗の値下げも要因になるのでMRをしにいくことも頻繁にあります。なので、常にカテゴリごとの売り上げの把握が必要となります。
    店長や副店長クラスになればお店全体の数値の管理も必要になってくるのでより大変です。また、アルバイトの募集をかけたり、面接をしたりなどもします。ドラッグストアで働くとなるとお薬の知識は勿論ですが売り場の数値管理の知識も必要となるので幅広く店舗運営に関わる必要があります。

 

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 薬剤師転職人気No.1を継続中!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!薬キャリと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する