百貨店の宝飾品販売の退職理由は?91view

販売員の仕事に就いていますが、百貨店の宝飾品販売へ転職したいと考えています。宝飾品販売員を退職した方、理由を教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hilaris 2017/08/22 18:42

    百貨店での宝飾品販売は主にお客様に商品説明が主に接客、販売、メンテナンスのお預かり、商品の発注、メンテナンス品の発送となります。個人経営や路面店での宝飾品販売との違いは「外商」という存在が百貨店にはある為、お客様だけでなく外商係員とのやりとりが多い事です。個人のお客様の方が接客する人数は多いのですが、売上金額は外商係員を通したものの方が高くなる事が多いので比重は外商係員を通した販売の方が大きかったです。

    外商係員は百貨店の直接雇用であり、多くの店舗は百貨店に間借りをさせていただき販売している状態です。この状態が売上に貢献している有り難い存在であると同時に、非常に働きにくい環境を生み出していると言っても間違いではありませんでした。多くの職場はお客様との関係の他は上司と自分の関係に悩む人が多いと思いますが、外商係員は上司以上に難しい存在でした。外商係員自身は自分の売上を達成させる為に百貨店の中にあるあらゆる商品を顧客に販売する為に働きます。外商係員がついている顧客というのは審査を通った富裕層が多いので、購入金額も大きなものになる可能性があります。外商係員は自分の売上を上げる為に動きますので、基本的には百貨店に入っている店舗の事まで気が回らない人が多く、な理な値引きを要求してきたり、それを断り辛いように圧力をかけてきます。また、上司も立場的には外商係員が強いので結果的には向こうの要求を飲まざるを得ない事が多かったです。

    また、外商係員がいる建物まで「今すぐ商品を届けるように」など店が空いてしまう困った状況になる事も強く要求され、事務員にな理にお願いして行ってもらったりする事も多くありました。逆にな理な依頼で取り寄せた商品も電話一本で「もう要らないから」で断られたり「お宅は値引率が悪いから他のブランドにする」など言われる事が日常茶飯事でした。お客様の為に働くのが百貨店の販売員の仕事だと思っていましたが、お客様ではなく外商係員のご機嫌取りが主な仕事になっているのに気付いた時にモチベーションが保てなくなってしまいました。有名百貨店での勤務は信頼もありましたし、残業も少なく待遇面は決して悪くありませんでしたが、仕事のやりがいとしては感じる事ができずに結局個人経営の店舗に転職してお客様の為に働く道を選ぶことになりました。やりがいを求めていたので個人的には転職して良かったと思っています。

ページ上部へ移動する