防水工事業への転職を検討していますが、やりがいのある仕事でしょうか180view

現在、小規模な住宅メーカーで現場監督をやっています。勤務時間がやたらと長いわりには誰からも感謝されず、給料的にもそれほど良くはないので転職しようかと思っています。
求人のあった防水工事業に興味を惹かれましたが、やりがいのある仕事なのでしょうか。
私は個人住宅の施工しか見てこなかったので、大規模なビルやマンションの新築や大規模修繕は未経験です。
防水業界に従事されている方のご意見をいただければと思います。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. perfectus 2017/02/21 17:41

    防水業の醍醐味はやっぱり雨漏りを止めることでしょう。
    新築の物件で設計図通りに防水を施工するのは、少し経験を積めば誰でもできるようになります。しかし、築30年を過ぎて新築時の図面も残っていないような物件の雨漏りを直すのは、知識と経験と技術が必要なので出来る人間は限られています。

    手前味噌になってしまいますが、私は前述のような雨漏り補修を専門にやっており、確実に直してきました。その為、工務店や不動産屋や学校関係の方にまで頼りにしていただいています。
    何社が何年もかけても止まらない雨漏りを、1時間ぐらいの作業で完全にとめたりすると本当に感謝されますよ。雨漏りは建物の構造だけでなく内装や家具までダメにしてしまうので、住人にしてみれば相当なストレスのはずです。まして、何年もかけて何十万も何百万も使って直らないなんて事もあります。
    そういう難しい物件を担当させてもらい、修理が成功した時の達成感は、まさにやりがいのある仕事なのではないでしょうか。このような仕事を覚える為には、実績のある会社に就職して、良い職人さんについて勉強をする必要がありますが。

  2. imitabilis 2017/02/18 13:19

    私はマンションの新築に関わる防水工事に従事しております。
    正直に申し上げて、新築の防水工事に関しては誰かに喜ばれるとか、やりがいがあるという事はないと思います。ひたすら工期に追われての単純作業が延々と続くので、とにかく作業効率を上げる事しか考えていません。
    工期通りに終わらせて当然、終わらなかったら他の業者にも迷惑がかかるので、責任問題になります。
    相談者様が何歳ぐらいの方なのかは存じませんが、新築の防水工事に関してはあまりお勧めできません。20歳代ぐらいの若い方で、とにかく仕事を切らさずに頑張って稼ぎたいなら有りかもしれません。40歳過ぎのベテランの域に達した人がやる仕事ではありませんよ。

ページ上部へ移動する