人事職で転職後どのようなキャリアアップができますか?226view

現在採用担当として中途採用や新卒採用の担当をしています。
採用担当になってから3年経っているので、変な話、少し仕事に飽きが出てきてしまっています。
今の会社では、採用担当者は営業に出されるパターンが多く、自分的には営業は休みも少なく労働時間が長いので嫌だな~と思っています。

このまま採用担当をするのも、異動で違う部署に行くのも、どちらもあまり気が進みません。
同じ人事部では、教育担当の方や厚生担当の方は、自分で色々な提案をして楽しそうに仕事をしていてうらやましく、自分もそのように仕事をしたいと思っています。

どうせなら教育や厚生関係の業務につきたいですが、そこの異動はなさそうなので転職を考えています。
転職するなら経験のある採用での応募になると思いますが、その後どのようなキャリアアップができるのか知りたいと思い質問させていただきました。
よろしくお願いします!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. repere 2017/08/07 9:27

    私の会社ではまず配属時に適性によって厚生担当(社会保険や給与)か採用担当に就きます。
    恐らくキッチリしている性格の場合は厚生、営業マンっぽい性格の場合は採用になるのかな~と想像しています。
    ひと通り担当業務を一人で完結できるようになったら、本人の希望と適性を見極めて制度設計担当か教育担当か組織担当になりますが、それぞれの仕事はこんな感じです。

    制度設計担当は給与や評価や退職金制度など会社の制度設計をして導入するチームです。こちらのチームになると将来課長や部長として人事部内で昇格していきやすいです。

    教育担当は新入社員教育や階層別の研修の企画を行うチームです。採用と連携する部分が多いので採用担当から教育チームになる傾向が高いです。

    組織担当は組織の改編を行ったり要員管理をするチームです。こちらも採用と連携する部分が多いのえ採用担当から組織担当になる傾向もあります。

    私の会社ではになりますが、人事部内でキャリアアップを目指すのであれば、
    人事実務の基礎を学んで制度設計をやっていくのか、採用のプロになって組織や要員管理を行うかになるのではないでしょうか。

  2. nondum 2017/08/01 3:39

    入社時は新卒採用と派遣スタッフの採用を担当していましたが、一人でこなせるようになってから中途採用と教育の担当をすることになりました。
    新卒採用はある程度人事部主体で進められますが、中途採用は募集部門との調整が多くなり、応募者のスクリーニングにもテクニックが必要となり、難易度は上がります。
    教育については、会社として制度が確立していなかったので自分から制度の提案を行うことで新たに教育システムを入れたような形です。

    人事部内での異動はなさそうと書かれていましたが、ご自身がやりたい業務を今の会社で“取っていく”“作っていく”というのも一つの選択肢ではないでしょうか。

  3. lentus 2017/07/31 19:22

    採用担当が数年で飽きてしまうという話は私の会社でも同じです。ある程度定型業務なので、モチベーションの維持が難しいようですね。
    私の会社では、採用担当はある程度のレベルまで達したらすべての採用を管理するリーダー職につきます(新卒・中途・派遣スタッフすべての採用管理)
    その後に採用の実務は行わず採用管理と会社全体の要員管理を担当します。
    要員管理はそれぞれの部門での適正人数を把握し、募集計画の策定や異動などを検討しています。会社にとって要員管理は必要な部門に必要な人員を配置する、会社業績を左右する重要な業務です。
    どの部門でも人材は多い方が良いですが、どんどん人を入れれば良いという訳ではありません。
    人件費は会社の費用の大きな割合を占めますので、そこを適正にコントロールすることで会社の利益につながります。
    採用担当のキャリアアップとしては、採用を一人でこなす→要員管理ができるようになる→組織改編を行うレベルまで来ると管理職に値するのではないでしょうか。

ページ上部へ移動する