ヴォーカルスクールの受付事務、退職理由は?18view

ヴォーカルスクールの受付事務で今採用が進んでいます。あと1か月以内には内定が出て勤務スタートできそうです。今のところ懸念点はないのですが一応嫌な話も聞いておきたくて、皆さんの退職理由は何でしたか?ヴォーカルスクールの受付事務経験者の方、回答下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. yocco25 2017/08/06 14:55

    私がヴォーカルスクールを退職した理由はいくつかあるのですが、一つ目の理由は休日が少なかったことです。基本的には週休1日、それも平日休みでした。友人や家族とは予定が合わなくなり、どんどん孤独になっていきました。一日の休みでは旅行に行くこともできず、リフレッシュもままならないまま次の1週間が始まっていきます。疲れがとれなくなり、体力的にも精神的にも厳しくなってしまって退職を考え始めました。
    二つ目の理由は、対応するべき相手の数が許容値を超えて多かったことです。1000人近い生徒がいたため、ひっきりなしにレッスン予約の電話がかかってきました。また、ありがたいことですが入校希望の方からの問い合わせの電話も多く、電話だけで一日に40~50人の対応をしていました。もともと電話が苦手だったのでノイローゼ気味になり、電話が鳴るだけで恐怖を感じるようになってしまいました。さらに、実際に窓口で対応する生徒も一日に40~50人いましたので、電話でノイローゼ気味なうえに人と話し続けなければならないのが苦痛でした。すぐに怒ったりうまくコミュニケーションが取れないような変わった生徒が多かったので対応するのに一人ひとり気を使い、余計に神経がすり減ってしまいました。
    三つ目の理由は、上司からの圧力です。大きなスクールでしたが従業員数は少なく、直属の上司が社長という組織でした。社長はワンマンで、自分の意見を決して譲らず、反抗することも許さない人でした。当時は自分が若かったこともあって、社長の言うことは絶対だと信じていましたし、社長の意向に沿うような仕事ができないのは自分が至らないせいだと思い込んでいました。入社したころは何をしても怒られ、何もしなくても怒られ、とにかく社長に怒られることに恐怖を感じていつもびくびくしていました。ノイローゼ気味なうえにびくびくしていたのでミスすることもあり、そのたびに「お前には給料を払う価値がない」「お前の代わりなんていくらでもいる」と脅され(少なくとも私はそう感じていました)、呼吸することさえ苦しい精神状態になってしまいました。生徒相手に笑顔を作ることもできなくなり、「態度が悪い」とまた怒られ・・・かなり追い詰められていました。
    四つ目の理由は、自分の生きがいを否定されたことです。ヴォーカルスクールで働こうと思ったのは、他でもなく自分が歌を歌っていたからです。月に1回ほどライブもしていました。自分の思いを歌詞にして曲を作り、心の叫びを歌っていたのです。スクールに来る生徒たちは歌い手を目指しているのある意味で私と同じ立場の人たちでした。当然、歌やライブについて話をすることもあったのですが、スクールの従業員として働いている以上、生徒と同じ立場で仲良くなってはいけないということで、自分が歌っていることやライブ活動をしていることについて話すことが禁止されました。好きなものが近くにある分、抑圧されるのはたまらなく辛かったです。
    仕事自体が不満というよりは、精神的に耐えきれなくなり仕事を辞めました。仕事を辞めて初めて、息が吸えるようになりました。
    ※おそらく「ヴォーカルスクールの受付事務」の仕事そのものが悪いというよりは私の勤務先と私の考え方が合わなかったということだと思います。

ページ上部へ移動する