トリマーの仕事内容ややりがいは?どんな人が向いている?178view

動物関連の仕事に転職したくて、トリマーを第一候補で考えています。
具体的にどんな仕事をするのか、仕事のやりがいはどんなことか、どんなタイプの人が向いているのか、などを教えていただきたいです!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. gigyuu_t 2017/03/02 12:48

    トリマーのお仕事に興味を持っていただけて嬉しいです!

    トリマーはかわいい動物に囲まれて日々仕事をこなしています。生き物が相手なのでかわいいだけではなく、想定外のことや大変なこと、辛いこともあります。しかし、かわいい動物の何気ない仕草には癒しと笑顔を貰えるのです。気づけば笑顔になっているのが、トリマーという職業の魅力の一つといえます。

    そして、何といってもトリミングといえばハサミがつきものです。何年かトリマーを続けて自分の思い通りのカットができるようになれば、ハサミを持つことに喜びと楽しさを感じられるようになります。
    かわいくカットされていく犬を見るのはとても気持ちのいいものです。ハサミを自在に操りトリミングを施す喜びと楽しさによって、トリマーという職業のさらなる魅力に気づくことができます。

    きれい好きでかわいいものが好きな人ほどトリマーという職業に大きなやりがいを感じられます。
    シャンプーやカットをしにお店に来るペットは皆きれいになりに来ています。程度に違いはあるものの、来店時のペットは汚れています。中にはお店に来る頻度が少なく独特の臭いがする子、尿や糞で汚れている子、種類や日ごろのお手入れの方法によってもつれや下毛が多い子、皮膚の病気や種類によって脂でベタベタする子など、さまざまな理由で汚れの多いペットもよく来店します。
    そういった汚れやもつれの多い子が来た時こそ、トリマーの腕の見せ所です。どのようにすればペットの負担を減らしながら汚れをきれいに落とし、かわいく仕上げられるかを考えながらトリミングをしていきます。そうしてかわいくきれいになったペットを見て喜ぶ飼い主様の笑顔にとてもやりがいを感じます。

    トリマーは動物の癒しと人の笑顔に囲まれたとても素敵な職業です。ペットを飼っていない人には馴染みが薄いですが、魅力とやりがいに溢れたお仕事であることは間違いありません!

  2. congregatio 2017/02/17 23:05

    トリマーの仕事内容はシャンプーとカットはよく知られていますが、ワンちゃんのさまざまな身体のケアを行なっています。
    トリマーがどのような仕事をしているのかを説明します。

    ◎トリミングの作業に入る前に
    ①ワンちゃんの最近の様子を確認
    まずは、飼い主さんに最近の様子、今日の様子の確認をします。吐いたり下痢をしていないか、元気や食欲があるかも確認します。
    もし、少しでも体調が悪そうな症状があれば、トリミングを延期することもあります。

    ②今日のトリミングのオーダーを聞きます
    ワンちゃんのトリミングのオーダーを飼い主さんに確認します。前回不満があった箇所や、ヒゲをカットするか、顔やしっぽ、身体の毛の長さなどを確認します。
    飼い主さんの希望に、出来るだけ近づけて仕上がるように、オーダーは細かく聞きます。

    ③ワンちゃんの身体のチェック
    ワンちゃんの目が充血していないか、きちんと立つことができるか、耳は汚れていないか、皮膚やパットに傷がないかも確認します。

    ◎トリミングをはじめます
    ①耳掃除
    耳垢を綺麗に掃除します。耳毛が生える犬種のワンちゃんは、耳毛もきれいに抜きます。

    ②爪切り
    ただパチンと切り落とすだけではなく、切り口の角をとったり、やすりをかけて痛くないようにします。

    ③足裏の毛のカット
    バリカンで、毛を短く切ります。パットに刃があたってしまうと、切れて出血してしまうこともあります。

    ④ブラッシング
    ブラシやコームをつかい、汚れやフケを落とし、毛玉や毛もつれをほどきます。目や皮膚を傷つけないように気を付けながら行います。

    ⑤肛門腺絞り
    ワンちゃんのお尻、肛門腺に分泌物がたまるので、それをシャンプー前に絞ります。

    ⑥シャンプー
    目や鼻にシャンプーが入らないように、気を付けながらシャンプーします。アレルギーの子は決まったシャンプーで洗うので、決してシャンプーの種類を間違えてはいけません。

    ⑦ドライング
    ブラッシングをしながら、ドライヤーを当てて乾かします。目に温風を当てると火傷をしてしまうので、注意が必要です。
    トイプードルなどの巻き毛のワンちゃんは、毛をまっすぐに伸ばしながら乾かします。
    きれいにまっすぐふわふわにするのは難しく、何度も経験、練習が必要です。

    ⑧毛のカット
    飼い主さんのオーダーに合わせてカットしていきます。急ぐと怪我をさせてしまうこともありますし、時間をかけすぎるとワンちゃんが飽きてしまい、じっとしてくれなくなります。
    顔まわりのカットは、舌を出されたり、いきなり動いたりするので、細心の注意を払い行います。

    ◎飼い主さんのお迎え
    飼い主さんがお迎えに来て、ワンちゃんをお返しします。飼い主さんが満足してくれて、可愛いと喜んでもらえるのはとても嬉しいです。

    トリミングが終わったら、器具の消毒や部屋の掃除を行います。トリミングショップ内で感染してしまってはいけないので、徹底して行います。

    トリマーの仕事は、綺麗に仕上げるセンスや技術もとても重要ですが、ワンちゃんをきちんとおさえる保定の技術も必要です。
    爪切り、シャンプー、ブラッシングなど、行うことによって保定の仕方も変わりますし、ワンちゃんによっても変えていかなければいけません。
    いろいろなワンちゃんに触れ、何度も経験を重ねることが大切です。

    トリマーは、接客業でもあります。飼い主さんの要望を良く理解し、ワンちゃんを仕上げなければいけません。飼い主さんとのコミュニケーション能力も、トリマーにとって大切なポイントです。

  3. levatio 2017/02/14 18:54

    トリマーの仕事は「ペットの美容師」と呼ばれ、犬や猫などのシャンプーやカット、爪切り、耳掃除、肛門腺絞りなどペットの全身のケアを行い、健康管理をするお仕事です。
    この作業を施すことを「トリミング」または「グルーミング」とも呼びます。
    トリミングを定期的に行うことで、ワンちゃんやねこちゃんの体の細かい部分までチェックすることができるので、怪我や病気の早期発見にもつなげることができる、ペットを飼うことが多い現代では、なくてはならない重要な職業です。
    健康管理の他にもワンちゃんに関しては、様々なカットやカラーリングを施すことができ、飼い主様がおしゃれを楽しむことができます。
    様々なカットやカラーリングを施すには、それに伴う技術が必要になります。
    さらに飼い主様がどのようなワンちゃんをスタイルにしたいのが聞き出し、どれだけ理想に近づけ満足してもらえるかも重要になるので、接客力も必要です。

    基本的には、専門学校に入学しビジネス、情報処理、美容、栄養、看護、技術などを学び、必要な資格を取得し、就職します。トリマーの資格は民間資格で、就職する際に必ず必要というわけではないので、動物好きでやる気のある方なら誰でもなることができます。
    ただ、就職する際の条件で、「一人で一頭○時間で仕上げることができる方」などが多いので、基本的なカットやグルーミングの方法などは身につけておくことが必要です。

    その他の細かい作業内容としては、予約を取るなどの電話対応、事務処理などの作業もこなします。
    ペットショップやホームセンターなどではトリミング作業の他に、生体販売や物販販売、レジ作業、商品の発注から陳列などトリミング以外の作業をすることもあります。
    動物が大好きということはもちろん、接客も好きで、体力や忍耐力のある方に向いている職業です。

    トリマーのやりがいは、やはり大好きな動物と毎日触れ合うことができ、自分の技術に対して、お客様が喜んでくれた時の達成感が一番の励みになることです。
    頭数と年数をこなし経験を積んでいくことで、日々勉強にもなり、自分を成長させてくれる魅力のあるお仕事です。
    はじめは技術がついて行かず、お客様のお叱りを受けることも多々あります。しかしそれはトリマー誰もが経験することで、それを乗り越えることで自分の為にもなり、またそれがやりがいでもあります。
    続けていくうちに、お客様からの指名を受けることができた時、お客様から「いつも可愛くしてくれて、ありがとう」などのお声をいただくことができた時には、とてもやりがいを感じ、続けていく糧となります。
    ある程度の経験を積めば、自分でトリミングサロンを開業することもでき、雇われている時にはできなかった、自分でやってみたかった施術サービス、自分のセンスでのカット、値段設定など自由にすることができます。
    現代ではワンちゃんや猫ちゃんは家族の一員で大切な存在。それに伴ってトリマーという職業はとても需要の高い職業で、将来性のあるお仕事です。
    カリスマトリマーともなれば、ドッグショーなどのイベントなどに参加したり、講師をしたりと、仕事の幅も広がり高収入も期待できます。海外進出なども夢ではありません。
    動物業界の職業は、はじめは低賃金、重労働で大変というイメージがありますが、こつこつと努力を続けていくことで、技術に伴い収入も安定してくる職業ですので、諦めずに努力し、将来自分がこの職業でどうなりたいのか見据えることが大切です。
    トリマーという仕事は動物好きな方には天職であり、将来性もあり、自分の技術やセンスを活かせるとても魅力的な仕事です。
    ペット業界は常に進化し続けているので就職先も多くあり、自分にあったスタイルで就職先が選択できるのも魅力の一つです。

ページ上部へ移動する