司法書士の先生と補助者では業務内容はどう違いますか?113view

今司法書士試験の勉強をしています。いつか資格を取って司法書士事務所に転職したいと考えてます。事務所には、司法書士の資格を持った先生と、その補助をしてる方がいると聞きました。
転職するにあたって、司法書士の資格を持って転職するのと、資格を取る前に転職するのでは、何か業務内容が変わるんでしょうか。
補助者の間でしかできない業務があるなら、資格を取る前に転職した方がいいんでしょうか。

今の会社は定時で帰れる会社なんで、資格を取ってから転職活動をしようと考えてます。
ただ、資格を取る前に補助者経験しといた方がいいなら、先に転職した方がいいのかとも考えてます。イメージとしては、補助者は、司法書士の先生のお手伝いをしている方というイメージです。雑用なのかなあっていう感じです。でも実際にどうされてるかはわからないので、どういう仕事内容なのか詳しく知りたいです。良かったらいろいろ教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. gratiagere 2017/07/03 12:13

    大手の司法書士法人で働いています。私がいる事務所は、司法書士の先生と、補助者とで、そんなに業務に差はないです。不動産会社からの案件が多く、補助者も営業を兼ねているので、お客様と話す機会はとても多いです。
    不動産を購入する人がお金を払って、売主さんがお金をもらい、不動産を引き渡すことを決済といいますが、そこには司法書士の先生がいかないといけません。ですが、その場に補助者も同席して、お客様への説明や、同席している不動産業者さんへの営業なども、私の事務所では補助者が間に入ってしています。営業先の新規開拓も補助者メインでしています。
    司法書士の先生は独立目的で入所される方が多いので、営業担当になってしまうと、辞められたときにトラブルになることもあるので、そうしているみたいです。そのため、事務所内に補助者の数も多いです。司法書士の先生のことは尊重しますが、事務所内では、資格を取ったら辞めてしまう人という位置づけにどうしてもなってしまっています。

    ただ、私のいる事務所では、補助者が司法書士に近い業務をすることができるせいか、補助者から司法書士になった人がほとんどいないです。営業やお客様応対のため、残業が多いせいもあると思いますが・・・。おそらく資格を取らなくてもそれに近い仕事ができますので、資格を取る意味が見いだせないのが一番の原因だと思います。資格を取ると司法書士の先生がしている仕事も、さらに担当しないといけませんし。

    司法書士試験はとても難しい試験で、かなりの知識を詰め込まないとけ合格できないので、相当な勉強時間を確保する必要があります。それだけの気力を保つためには、やはりどうしても資格を取りたいという強い気持ちがないと難しいと思います。
    私は補助者としての仕事は、とてもやりがいがあると思っています。勉強しながら補助者をするのも、いろいろな経験をしながら知識を身につけられるので、面白いと思いますよ。ただ、補助者で満足してしまうと勉強できなくなりますし、資格がないと後々しんどいので、補助者でいることも一つの経験として割り切って、資格取る事が目標であることを忘れないよう頑張ってくださいね。

  2. fungor 2017/07/02 22:22

    私は司法書士事務所で補助者として働いています。私の事務所は、司法書士と補助者の業務は完全に分かれています。補助者は申請書類作成と雑用のみです。司法書士の先生は、お客様からの相談の対応や、書類の受け渡し、不動産取引があった場合の決済立会などをされています。補助者がお客様と直接かかわることはありません。補助者ができる業務は先生もできますので、補助者としてあえて業務をする必要はないと思います。
    資格を取るとお客様の前に出られますが、そうでないと、わかっていることでも説明はできません。お客様は司法書士の資格を持っている人からの説明を受けることを望まれていると思いますし、私もそう思っています。今はまだ司法書士の資格はありませんが、私ももっと勉強して資格を取りたいと思っています。難しい試験ですが、通らない試験だとは思いません。お互い頑張りましょう。

  3. yasutarou 2017/07/01 10:17

    補助者と司法書士資格者の業務、全然違うとこもあるけど、ほとんど一緒のとこもあるし、一概に言えない気がするな。ただ、資格者も補助者の経験積んでから資格者として活動するんで、資格者の仕事は補助者の業務の上にあると思う。
    資格者はすべての業務ができるけど、補助者はお客さんの本人確認とか不動産の決済立会とか裁判の代理人とか、できない業務も多い。事務所によっては、補助者は事務所で書類作るだけっていうところもあるし。かと思ったら、補助者でもずっと先生の横についてお客さんの説明とか、書類の受領とかしてるとこもあるし。先生は営業するけど、実際の業務は補助者にまかせっきりみたいな感じで。

    補助者の経験があった方が、資格取ってから仕事しやすいけど、やっぱり資格取るのが一番大事だから、今のとこで資格取ってから、転職考えた方がいいと思う。勉強する時間確保できるかどうかが重要になってくるし、転職で体力、精神力使うより、試験に全力を注ぐ方がいいと思うよ。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する