薬剤師の地方と都会の給料の差、地方の給料が高い理由は?43view

大学卒業後、2年ほど調剤薬局で正社員として働いたあと、1年ほど派遣社員で生計を立ててフラフラしている薬剤師です。
今まで関西圏の都会で勤務していましたが、現在派遣会社を通して勤務している調剤薬局は時給が安くて、これからどうしようかと考えています。

インターネット等で情報を取っていますが、ぶっちゃけ都会の時給相場は2000〜2500円ほどです。地方を探してみると3500〜円や4000円以上といった破格の時給で募集しているところも見受けられるのですが、なぜここまで給料の差が出るのでしょうか?都会の方が患者数も多そうで忙しそうなのですが・・・
ご存知の方、教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sponte 2017/06/29 13:58

    とある島の調剤薬局で働いている管理薬剤師です。
    私自身、この島の出身ではないのですが、給料が破格だったのでこの島へ来て、管理薬剤師になり8年になります。元は都会っ子だったので給料を得るために都会の便利さや環境を捨てて働くことにしました。
    不便な点は多々ありますが、自然豊かで落ち着ける環境です。薬局は、総合病院の門前になるので、複数科の処方箋を応需してます。高齢者がほとんどなのでレシピの量は多いです。
    また、8年間働いていた中で、島の外から薬剤師、事務員の就職があったことは一度もなかったです。島出身の人ばかりでした。それなりに忙しい薬局でしたが、やはり給料面の違いは、人員の確保に比重があるのではないと思います。
    あまり参考にならないかもしれませんが・・・。

  2. 3infortunat 2017/06/27 10:52

    大手調剤薬局で勤務してかれこれ6年目になります。
    6年の間に東京や名古屋、地方など色々な都道府県で勤務しましたが、もちろん同じ調剤薬局グループなので給料は同じです。(泣)

    質問者様が疑問を抱いております都会と地方の時給の差はというと、都会では患者数も多いですが、そもそも薬学部も多く、また現代の学生たちは就職先として東京や大阪、名古屋といった都会を選ぶこともあり、薬剤師自体の数が多いのです。
    一方地方は、そもそも薬学部がなかったり、大手チェーン所属でもない限り縁もゆかりもない地方の調剤薬局へわざわざ勤務することは少ないと思います。他県の薬学部を出て、地元に帰ってくる薬剤師か、人事異動に伴いやってきたかということになります。
    ということは、人員を集められない会社は、必然的に周りの同業他社より給料面を優遇する傾向にあると思われます。よって、地方の方が都会より給料が平均的に高くなっていると思います。

    考え方にもよりますが、どうせ行う業務が同じならいっそ地方へ短期的に行って出稼ぎに行くというのもありかなと思います。

  3. pulchrpulchrum 2017/06/21 13:18

    独立開業を目指して、現在派遣の薬剤師で生活しています。
    まず、私の中で、派遣の薬剤師としてのメリットは、勤務日数、時間の融通が効く(定時で退勤できるなど)、時給によっては正社員の額面より稼げる、あまり責任感がないといったところかなと思います。

    デメリットはと言いますと、将来も勤務薬剤師で行く場合、派遣での転職を繰り返すことによって、いざ正社員として働こうと考えていても、履歴書の転職回数などが異様に多くなっており、「長続きしない人なのか、すぐ辞めそうだな」といった印象を持たれてしまいます。
    また、現在の調剤薬局は薬剤師不足に陥っていますが、今後薬局の減少や薬剤師数の増加により飽和状態になった時に、まず最初に必要とされなくなるのが、派遣社員です。
    なので、時給の違いだけではなくて、そのあたりも踏まえてお考えになられてはいかがでしょうか?

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する