アートディレクターに転職してみたいです。1view

大学の頃から、クリエイティブな職業に憧れています。でも、親の意向もあって、就活はUターンでした。大学までお金を出してもらったし、長男ですし、これも恩返しかと思っていました。
今は田舎の某メーカーの配送をする会社で働いています。
憧れは憧れとして、もう割り切って今の仕事を頑張っていたのですが、この前久しぶりに父親と飲みながら話していたら「別に、好きな事があったなら、その道に行けばよかったじゃないか」と、今更言われました。
正直心の中でツッコミましたが、逆に考えれば転職にGOサインが出たと前向きに捉え、やってみたかったクリエイティブな仕事に転職したいと思います!
今年で25才ですし、転職するにも遅くないと思っています。

それで、クリエイティブな仕事について色々調べていたのですが、まず大前提として、僕は絵が描けません。デザインもしたことがありません。文章は、作文やら小論文は人並みにやってきました。
でも、例えば配色とか、なんかバランスを整えるみたいなのとか、そういうセンスは普通よりもあると自分では思っています。

イラストレーターは無理そうでした。デザイナーも無理そうでした。
コピーライターは、配色とか関係ないし、なんか自分の中のクリエイティブ像と比べると地味な気がするので嫌です。
すると「アートディレクター」とかいう仕事があると知りました。
まだ、ざっくり調べただけですが、現場監督みたいな、デザイナーとかイラストレーターとかに指示を出して、自分は方向を決めるだけみたいな感じっぽいなと思いました。

僕は、配色やバランスを決めるセンスには自信があるので、アートディレクターとしてクリエイティブな仕事をしたいと考えています。

業界で働いている皆さんに質問です。アートディレクターになるにはどうしたらいいでしょうか?
もし、専門学校のアートディレクターコースとかがあるのでしたら、入った方がいいですか?
ちなみに、卒業後に働いたお金は結構貯金しているので、学費は自分で何とか出したいと思います。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. crapula 2017/06/27 10:54

    私もアートディレクターを目指しています。
    でも、質問者さんとは全然違います。
    ちゃんとデザイナーとして現場で経験を積んで、努力しています。
    質問者さんは、よく分かっていないだけで、悪気があるわけじゃないのは分かっていますが、なんだか簡単になれるように思われているというか「クリエイティブ憧れてま~す!」みたいな、軽い印象を受けてしまって、ちょっと頭に来たのでコレを書いています。

    私は、元々DTPオペレーターとして業界入りしました。その後、グラフィックデザイナーに肩書きが変わり、最近になってようやく先輩アートディレクターのアシスタント的な動きをさせて貰えるようになってきました。

    クリエイティブチームの旗振り役ですよ?アートディレクターって。
    簡単じゃあないです。まず、自分がデザインについて深く知っていないとダメです。
    というか、自分でデザインをする事も多いので、まずはデザインが出来ないのはダメだと思います。
    私自身、まだアートディレクターを名乗っていないので、具体的な話しは出来ませんが、未経験者でも簡単になれると思っているようでしたら、質問者さんは考えを改めておいた方が良いです。

  2. litore 2017/06/18 7:57

    今現在アートディレクターとして働いている者です。
    質問者様は、色々と勘違いをされている様ですので、このままだと転職活動も失敗に終わってしまうだろうと心配になり、不肖私が回答をさせていただきたいと思います。

    まず、質問者様の最大の勘違いは「アートディレクターへ転職」が出来ると思ってらっしゃる点です。
    もちろん、資格が必要な業種ではないので、厳密に言えば絶対に不可能というわけではありません。デザイン事務所様の求人を並べてみれば「アートディレクター募集」という物はあります。日本中の求人を隅々まで探せば、中には何か特殊な事情のある会社様が、未経験でも可としている可能性もゼロではありません。

    専門学校をお探しのようですが、おそらく「アートディレクター科」という学科は無いと思います。
    あったとしても、圧倒的に少ないです。
    何故ならば、アートディレクターというのは基本的にはデザイナーとして現場経験を積んだ人間が、デザインの能力を備えつつディレクションまで手を広げるようになった職業だからです。
    デザイナー的な観点で、制作物全体のクオリティを維持しつつ、ディレクターとして事業内容に即した要素を踏まえているか、またデザイナーだけではなく、ライターやカメラマン、イラストレーターといったチーム全体の旗を振るのが、質問者様がなりたい「アートディレクター」です。(中には、制作ディレクター出身の方もいますが、私の周りでは極少数派です。)

    ですので、まずはデザイナーとしてデザイン事務所に入る事をお勧めいたします。
    質問者様は全くの未経験との事ですが、そこからデザイナーになるには大きく二つの道がございます。

    ひとつは、どこかのデザイン事務所の「デザインアシスタント募集」の様な内容で、未経験可の求人を見つけてください。
    大抵は正社員では無く、アルバイト扱いだとは思いますが、そこでデザインの現場で数年揉まれて見てください。
    その後は、そのデザイン事務所さんでそのまま社員登用の道もあるかもしれませんし、一応数年間の現場経験を積めるということは、次は経験者として転職活動が出来るかもしれませんね。

    次に、こちらが王道になると思いますが、デザインの学校を卒業する事です。やはり、例えば専門学校で2年間デザインを学んだという事実は、就職活動に有利です。幸い、学費は既に目処が立っていらっしゃるとの事ですので、経済的に許されるのであれば、私としては専門学校に入学し直すのをお勧めします。

    いずれにせよ、アートディレクターを目指すのであれば、その前にデザイナーとして現場経験が必要になると覚えておいてください。
    それでは、質問者様が目指す道に進むことが出来るよう、祈っております。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する