言語聴覚士の求人は経験者歓迎が多い?49view

知り合いの言語聴覚士が転職で悩んでるんですが(※キャリアが浅くていい職場がみつからない様子)、求人はやはり経験者歓迎が多いんでしょうか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!言語聴覚士の転職はお任せ!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. hadow 2017/06/01 14:32

    やはり経験者歓迎が多いですね。

    求人表などに「急募!」と書かれている場合、そのほとんどが人員不足を解消するために求人を出しています。そのため、必要とされているのは即戦力であり、経験者が優遇される場合がほとんどです。経験者であれば、少なからず患者様や利用者様と関わったことがあり、一通り訓練の実施経験もあるため、とにかくすぐに仕事に取りかかれるということが利点です。採用する側も、無駄な時間や費用を捻出する必要がないため、経験者であれば面接後に即採用、その場で就職説明、ということも少なくありません。

    特に以下などは経験者歓迎が多い印象です。

    〈急性期病院の場合〉
    急性期病院に運ばれてくる患者様で、言語聴覚士のリハビリを必要とする人は、そのほとんどが脳梗塞や脳出血などにより失語症や嚥下障害を呈しています。そのような症状に対しては、いかに早くリハビリを開始できるかで、後遺症として残存する症状の重症度が変わってきます。そんな大切な時期ですから、まず必要とされるのが判断力です。患者様を目の前にして「何をすればいいのか分からない」「リスクが大きいのでは?」と悩んでいたのでは、時間ばかりが過ぎて、結果何もできなかったと後悔することになりかねません。そのため急性期病院では、経験のある言語聴覚士がとても重宝されます。この疾患であればこの対応、AでダメならB、といった風に、頭の中でチャート式にどんどんは訓練を進めていけるような、判断力のある経験者が求められています。さらに、その判断力に加え、行動力も重要です。学生や新卒の言語聴覚士は、当然ながら机上の学習が全てであるため、それらを行動に移すとなると慌てふためく人が多いですが、経験者であれば考えたことをすぐに行動に移すことができるということで、採用側も安心して採用することができます。

    〈一人職場の場合〉
    他に言語聴覚士が一人もいない場合、もちろん新卒者も応募は可能ですが、優遇されるのは経験者です。仕事の段取りや流れなどの事務的な作業から、患者様や利用者様との関わり方まで、経験者であれば大方理解していますし、若干の違いはあれど、どこで働こうが大差はないためです。もし新卒者で一人職場に就職するとなれば、分からないことを聞く相手がいませんので、それなりに苦労はつきものです。
    一方、経験者であれば、同世代の他スタッフに尋ねることにも慣れていますので、どうにか問題解決が可能ですよね。そもそも言語聴覚士は理学療法士や作業療法士に比べて絶対数が少ないため、言語聴覚士と一緒に働いたことがないスタッフも大勢います。そういった場合には、周りのスタッフから見ても、ある程度実績を積んだ経験者の方が歓迎され、すんなりとリハビリスタッフに馴染むことができるので働きやすくなります。

 

言語聴覚士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!言語聴覚士転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「PT/OT人材バンク」は上場企業が運営!マイナビコメディカルと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

ページ上部へ移動する