ウェディングプランナーに必要な能力515view

ウェディングプランナーに興味があるのですが、ずっと事務職で接客業を経験したことがありません。プランナーになるにあたって必要な能力はどんなものですか?あとはこんな性格の人がいいとかがあれば、ぜひ教えてほしいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. tiger_love 2015/03/09 15:28

    必要な能力とかこんな性格の人がいいというのは特にないとおもいます。ウェディングプランナー自身の個性もお客様には必要だと思うからです。

    お客様の中には「こんな人に担当してほしい」と担当者重視で結婚式場を決める人もいます。それはプランナーの接客力もありますが個性にもあるとおもうんです。なので、適性とか能力を気にしすぎて良いところがなくなってしまってはいけないとおもいます。質問者様の長所を伸ばしたり、表現できるようにするのが一番じゃないかと。

    私が働いている結婚式場には13人のプランナーがいます。その13人に何か共通することがあるか、といわれるとないです。でも、13人が13人とも良いプランナーだと私はおもってます。それぞれの個性とお客様の気持ちがぴったりと合って、打ち合わせも楽しそうです。

    あえて必要なことを挙げるなら、お客様のために一生懸命になれるかどうか、ということかも。私含め、私の同僚たちも、いつだってお客様に満足してもらえるように一生懸命です。お客様が喜んでくれることのためなら自分の時間をどんなに使っても達成しようとします。それぐらい「お客様のために」という気持ちが強い人が多いです。その気持ちさえあれば、どんな性格でも性質でもいいとおもうんです。

    何をするにもビッグなプランナーもいれば、そこまでやるの!?と思うぐらいマメで細かいプランナーもいるし、天然でほわんとした雰囲気からお客様が「大丈夫?」とか声をかけてしまいそうなプランナーもいれば、まるで母親のようになんでもやってあげるプランナーもいます。お客様もそういったプランナーの個性を少なからず選んでいることには間違いありません。だから、自分の長所を磨いて、お客様のために働くという気持ちさえあればいいとおもいますよ。

  2. Nagano-b 2015/03/08 21:22

    ウェディングプランナーに必要な能力は、
    「固定概念にとらわれない考え方ができる」ことかな。
    最近の結婚式は、とにかく新郎新婦の願いを叶えるタイプが増えている。
    だから、結婚式場という形は持たず、新郎新婦の願いを叶えられるような場所を探して
    そこで結婚式を行うという式も流行り出している。
    まさにこれは固定概念にとらわれない考え方で、
    結婚式=結婚式場で行うという固定概念を無視したもの。
    もちろんここまでのことをするには、フリーになるとか
    そういった結婚式を考えている会社に入る必要があるけど、
    普通の結婚式場に勤めていても、固定概念で凝り固まっている人は
    なかなか良い結婚式は出来ないと思う。
    お客様が考えていることはそれぞれ全然違うし、
    考えていることを形にするにはどうしても固定概念が邪魔になる時がある。
    結婚式にはケーキが必要でしょ?と思うけど、
    新郎の実家がお米農家だからケーキじゃなくて
    白米でケーキっぽいものをつくって白米入刀をする。
    これも固定概念があっては絶対に提案出来ない。
    結果的に、新郎新婦だけでなく新郎の両親も非常に喜んでくれる演出になった。
    結婚式にはキャンドルサービス必須でしょ、という頭しかなければ、
    そういう演出なしでデザートブッフェでゲストと会話を楽しむ時間をたくさんとる、
    これも固定概念があっては絶対に考え付かないもので、
    これは新郎新婦の「ゲストと話をたくさんしたい」という思いと、
    ゲストの「新郎新婦と話がしたい」という思いのふたつを叶えることが出来たのである。
    特に結婚式は歴史が長く、○○が当たり前という概念も多く存在する。
    それは特にプランナーという仕事をしていると、それにさえ気づくことが出来ず
    流れのように打ち合わせをしてしまう。
    固定概念があることで、新郎新婦の本当に思っていることを引き出せないことすらある。
    新郎新婦の真の思いを引き出して、それを叶えてあげることが大事。
    そのため、良いウェディングプランナーになりたいのであれば、
    とにかく固定概念にとらわれないというのが大切なのである。

  3. Hokuei-k 2015/03/05 2:15

    ウェディングプランナーに必要な能力は「適応力」だと思います。
    まぁ接客業全般にいえることだと思いますが、お客様は十人十色です。結婚式という目的は同じでも、思い描く結婚式が違えば考え方も違うし、話し方や打ち合わせの進め方も違います。
    どんなお客様にも満足してもらえるような結婚式を提案してつくりあげることができる「適応力」はかなり必要だと思いますね~。プランナー自身も個性的な人が多いと思います。私の同期や同僚も、「変わってるな~」とか「おもしろいな~この人」と思うことは多いです。でもやっぱりどんな人でも適応力がしっかりあるように私は思いますよ~。
    例えばAのお客様は、何に対してもおおらかで、大体は「そんな感じでいいかな」なんて打ち合わせを進めるけど、Bのお客様はとにかく細かい、他のお客様が気づかなかったり、気にしなかったりすることの説明が必須。こんな対照的なお客様を一人のプランナーが接客することもざらにあります。
    あと、プランナーが接客するのは新郎新婦だけじゃなく列席するゲストも含まれるので、その相手に対しての「適応力」も必須です。
    例えば、親御様もかなり違います。プランナーの説明をなんでも「うんうん」と聞いてくれて、素直になんでも受け取ってくれる親御様もいれば、クレーマーに近いぐらい何にでも文句を言ってくる親御様もいます・・・。
    でも親御様は、新郎新婦にとって大切な存在ですから、いかに親御様の特徴をつかんで式を楽しんでもらえるかを考えなくてはなりません。
    式当日は、列席ゲストはお酒を飲むので、忙しい結婚式中にやたらと絡んでくる親戚の人がいたり、余興の準備に行ってほしいのにお酒で良い気分になってなかなか動いてくれない人を苦労して案内したり、一筋縄ではいかないことばっかりです。こんな環境では、適応力がなければ最適の接客はできないですよね。
    プランナーの仕事は、結婚式という、新郎新婦にとっては一生に一度しかないものを扱っているので、多くの場面で最適で最高の対応が求められます。なので、絶対に必要な能力はなにかと聞かれたら私は「適応力」だと思いますね~。
    質問者様の適応力についてはわかりませんが、もちろんプランナーになってから鍛えられることもあるんで、今から完璧である必要はないかな~と。転職活動がんばってくださいね。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する