まったく接点の無い職種からゲーム業界への転職は可能か101view

現在、スイミングスクールのインストラクターをしている28歳の男です。
インストラクターの仕事は特別好きでしているわけではなく、ただなんとなく仕事を続けていた毎日でした。趣味はゲームで、毎日ゲームで遊ぶくらい好きなので、自分の好きなことを仕事にできたら日々の生活が充実すると思い、ゲーム業界への転職を考えています。
しかし、先述した通り、スイミングのインストラクターというまったく関係のない職歴を持っている自分を採用してくれるのか、疑問でなりません。

ゲーム業界ではよく「即戦力となる人材」を求めると聞きます。(ゲーム業界の求人サイトを見てもそのような記載をよく見受けられます)これといって自分の強みがあるというわけでもないです。しかし、ゲーム業界で働きたいという自分の思いは強くあります。こんな僕でもゲーム業界で働くことは可能なのでしょうか?
また、働くためには何を考え、どう行動すれば良いのでしょうか。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. olympia 2017/06/04 7:25

    ゲーム業界経験者から言わせてもらうと、「簡単ではないが不可能ではない」というのが一番正解に近い気がする。結局自分の行動次第。
    まずは自分のできることをコツコツ積み重ねて実績を増やすことから始めたら良いんじゃないかって思う。
    もし自分があなただったら、ジャンルを問わずゲームを1週間に1本のペースでプレイして、それの評価や分析をした記事をたくさん書き溜める。それとは別にゲームの企画書を5本くらいつくる。それだけでも十分ゲームに対する熱意は伝わるのでは。
    ゲームへの熱意の他に「それだけじゃなく実際に行動に移している」というのも評価の対象になるはず。一つ一つは難しくないけど、それを続けるのにはかなり大変だと思う。でもそれをやろうとする行動力や体力を見て「この人ほしい」って思う人だっているのは事実だから、実際にできることから始めるのはすごく重要なこと。ゲーム業界に限った話じゃないけどね。

  2. cerise 2017/06/03 3:15

    ゲーム業界と言っても広いですよ。広いというのは、ゲーム業界と一括りにしても沢山の職種があるということです。ゲームプランナー、ゲームディレクター、ゲームプログラマー、ゲームデザイナー、サウンドエンジニア、シナリオライター、まだまだあります。どの職種を希望しているのですか?希望する職種によって求められる人物像やスキルはまったく異なります。

    例えばプランナーやディレクターであれば、必要最低限のエクセル知識、コミュニケーション能力、イレギュラーに対する対応力。デザイナーであれば画力、プログラマーであれば数学力(自分はデザイナーやプログラマーではないので詳しくないですが)。どの職種で働くにもかならず「勉強」が必要になってきます。
    そして勉強をしてその分野において「プロ」になれるのであれば、なんでもできます。東大卒業生が塾講師なんて余裕ですよね。それと同じです。
    結局は本人のやる気次第です。将来のビジョンをしっかりともち、それに向かって勉強してプロになれば、あなたでもゲーム業界で働くことは可能です。

  3. palewawae 2017/06/02 9:21

    現在ゲームプランナーです。自分は小3の頃からゲーム業界で働くことを夢見て、ゲームの専門学校卒業後に新卒で就職しました。これはあくまでも新卒ゲームプランナーの考えなので参考までに。

    結論からいうと難しいと思います。理由はゲーム業界志望の理由が「ゲーム好きだから」のみということにあります。もちろん他に志望理由はあるかもしれませんが、基本的にゲーム業界はふんわりとして抽象的な表現よりも、ビジョンが見える具体的な思考の持ち主を好むと考えています。

    考えてみて下さい。例えば、「このゲーム面白いから売れる」と思うとします。大抵の人はここ止まりです。本来であれば、このゲームの何が、ユーザーにどのような影響を与えて、どのような感情にする、そこが今の世代の若者のこういう層にハマる傾向があるから売れる」と具体的に表現できる人でないとゲーム業界で働くのは難しいです。
    なのでもし、ゲーム業界に転職面接をするとして、面接官に「志望理由は?」と聞かれ、「ゲームが好きです!この熱い想いは誰にも負けません!」と言ってしまえば最後だと思います。
    ゲーム業界の求人サイトでは「ゲームに対する愛情を持っている方歓迎!」みたいな文言をよく目にしますが、それはあくまでも大前提の話です。ゲーム嫌いな人がどうして面白いゲームを提供できるのかっていう話です。ゲーム好きで、それを踏まえて自分に何ができるのかをはっきりしないうちはどこを受けても難しいですね。

  4. carmelina_137 2017/06/01 2:14

    前職がゲーム会社勤務でした。私もまったく関係のない業界からゲーム会社へ転職しましたよ。ただ、ハードルはそこまで低くないです。むしろ高いくらいだと私は考えています。理由は貴方の言った通り、ゲーム業界は即戦力重視の会社が多いからです。しかし「ゲーム業界は慢性的な人手不足」というのも現実です。
    もしかしたら貴方もご存知かもしれませんが、ゲーム業界は過酷な残業を強いられることもしばしばあります。それは先ほど言った人手不足からくるものです。

    貴方がもし本気でゲーム業界を望むのであれば、今のゲーム業界を理解し、そこで「自分のできること」を見出した上で転職活動に臨むと良いと思います。

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する