グラフィックデザイナーとWEBデザイナーってどう違う?転職できる?40view

グラフィックデザイナーとして働いてる25歳です。
今は印刷物関係のデザインをしてますが、最近よく見かけるWEBデザイナーという職種にも興味が湧いてきました。デザイナーという肩書きは同じだけど、グラフィックとWEBとでどんな違いがあるのかよく分かりません。
もしかして、転職しやすいのかな~なんて考えてますが甘いですか?
知識不足で申し訳ないのですが、この場でいろいろ教えてもらえたら嬉しいです!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. niwakame-r 2017/06/02 11:12

    私はグラフィックデザイナーとWEBデザイナー兼任してるよ。もともとはグラフィックデザイナーとして働いてたけど、人手が足りなくて徐々にWEBデザインも担当するようになった感じです!
    まだ一人前のWEBデザイナーとは言えないけど、実務経験を通して体に叩き込んでいってるからスクールに通うよりも効率が良いかな?

    細かい作業でいうと、サイトに掲載するバナー(画像)を作る仕事はフォトショップがメインになるから、フォトショップを使えれば大丈夫!ただグラフィックに比べて、バナーは縦横サイズが小さくて、なおかつ文字が見やすくないといけない、でもデータは軽いほうが良いからその調整が難しいかな?テキストをいっぱい流し込んでも画面上で文字がつぶれちゃって見えないなんてこともあるから大変・・・
    でも楽しいのは、バナーのデザインが良いとユーザーのクリック率も上がったりして、クリック率とかの実績が数字に出てくるところかな!
    グラフィックは自分が作ったデザインでどれだけ効果があったか数字で見れることなんてあまり無いから、モチベーションがあがります。バナー以外にも、HTMLはちょっと難しくて勉強中だけど慣れてくれば使いこなせるよ!どんな仕事も頑張り次第で不可能は無いと思うから、ぜひ頑張ってください!

  2. sishida 2017/06/01 18:17

    WEBデザイナーに興味が湧いたのであれば、少しでもネットで調べてみたら良いですよ~!グラフィックデザイナーとWEBデザイナーは業界が全く違うので任される業務も大きく異なります。多少向き不向きもあるかと・・

    まとめるとこんな感じです。

    デザイナーとは、視覚的に図案や設計をする人のことを指します。

    グラフィックデザイナーは質問者さんもご存知のとおり、チラシやポスターなどの印刷物のデザインだったり、ロゴのデザインなどを企画制作します。

    一方、WEBデザイナーはウェブサイトの企画デザインを行います。
    質問者さんはWEBデザイナーの仕事については詳しくないようなので少し細かく説明しますね。
    1.WEBサイトのキービジュアルや全体のイメージなど大まかな構成・レイアウトを決めます。
    2.WEBサイトの配色やロゴ、アイコンなどのデザインと配置を決めます。ここではイラストレーターやフォトショップを使用します。
    3.WEBサイトを構成する言語のHTML、CSS、JavaScriptなどを使用してコーディングを行います。HTMLはテキストや画像表示、CSSは色やフォントやレイアウト指定、JavaScriptは動きを表現。

    1~3を見て分かるようにデザイナーとしての基本的な概念は一緒ですが、表現方法が違うんです。WEBデザイナーはイラストレーター、フォトショップ以外にもHTMLとCSS、JavaScriptの知識が必要なので、もし本気で転職を目指すのであれば基本知識を身に付ける必要がありますよ。
    さらに言うと、WEBデザイナーにはUser Interface(ユーザー・インターフェイス)の略であるUIデザイナーなる役割もあり、WEBサイトを訪れたユーザーが表示を読む、ボタンを押す、かっこいいと思う、使いやすく感じるなど、ユーザーに良い印象を与える機器をデザインします。この考え方は、WEBからスマートフォン、バーチャルなど機器が変わったとしても応用が利くので今後幅広く仕事をしていきたいならぜひ勉強しておくと良いと思いますよ!

    さらにさらに言うと、User Experience(ユーザー・エクスペリエンス)の略であるUXデザイナーなる役割もあります!見た目だけじゃなくて画面とか機能の使いやすさとか、ユーザーの満足度を高めるためのデザインをする役割ですね。ユーザーの行動を解析したり、調査、テストを繰り返して問題があれば解決策を考えるという重要な役割を担ってるのです。

    こうやってまとめてみると、見た目のデザインだけじゃなくてサイトを訪れるユーザーの満足度を高める必要もあるWEBデザイナーの役割はグラフィックデザイナーとは全く違いますよね!

    どうですか?質問者さんの言う、グラフィックデザイナーからWEBデザイナーへの転職はしやすいのかな~という考えはちょっと甘いかもしれないですけど、今後はグラフィックデザインに限らずWEBデザインの知識があると仕事の幅がぐんと広がりますよ!
    スキルアップを目指すなら勉強から初めて、初心者を受け入れてくれる企業を探してみると良いと思います。グラフィックデザイナー経験があるなら基本的なデザイン能力は問題ないと思うので、WEBデザインの基本知識を身に付ければ採用されやすいんじゃないかな?
    ノビシロの多い今のうちに積極的に動いてみてくださいね!

ページ上部へ移動する