不動産業界、色々やった。それだけにどれも中途半端。どこを目指すべきか?254view

不動産ファンド業界に飛び込んで10年が経ちました。私募ファンドの運営会社でのアセットマネジメント・アクイジション、銀行の不動産ファイナンス、J-REITの運用会社と様々な会社を渡り歩きました。どの会社でもそれなりのパフォーマンスは出していましたが、どれ一つとっても突出していたわけではありません。
それぞれの会社での仕事は、それぞれの仕事なりに面白い部分もありましたし、厳しく辛い部分もありました。アセットマネジメントは未経験で挑戦したのですが、やっているうちに実は自分が不動産に対してあまり興味を持っていない事に気が付きました。
アクイジションは売りたいプレーヤーと買いたい投資家がいれば成り立つ仕事だったので、特に不動産に興味がなくても何故かできてしまいました。時代も良かったのだと思います。ただいつまでも続く気がしなかったので、金融機関で経験を活かせそうな不動産ファイナンス営業の仕事に転職しました。それまでの経験でどんなプレーヤーがいるのかひととおり理解していたのと、他の金融機関から資金を借りられないプレーヤーの存在を良く知っていたので、そういった所に積極的にリスクをとってどんどん融資を付けました。市況が悪くなったときにこれらの融資債権があっという間に焦げ付いてしまい、半ば強引に積極策を押し進めてきた事が災いして、銀行には居づらくなりました。
結局、J-REITの運用会社に転職して今は財務の仕事をやっています。これは、格別特殊なスキルの要求される仕事ではなく、銀行の担当者と良くコミュニケーションをとって仲良くしていれば何とか務まる仕事です。会社は変わっても何となくこれまで要領だけでやってきたようなキャリアの為、「最終的には何とかなる」という割り切りのようなものはあるものの、これはという強みがないと感じていて将来が不安です。どこを目指して自分は頑張れば良いのでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. Netherlands1 2015/09/01 16:46

    なかなかスレ盛り上がってますね。

  2. kangaroo_win_17 2015/06/23 20:21

    迷ったら外資です。とても忙しいのでもやもやと考える暇がないぐらい、極限の緊張感を感じながら仕事をする事ができます。そしてその分報酬も高いです。そうなると自ずと不満や不安も遠のくでしょう。それだけ厳しい環境でやっていけるだけの自信にもなりますし、一人がカバーしなければならない領域も幅広くなりますから、貴方の経験も十分役に立ちます。また、欠員のカバーをせざるを得ない事態等が頻繁に発生し、実際にそういう非常事態に対応する事が新たな経験となり実際に実力もつきます。今の環境に余裕がありすぎるのが逆に問題なのでしょう。

  3. Netherlands1 2015/06/03 3:19

    ずっと続けていればいつか一線を退く時は必ず来ます。その時に行う仕事としては、総務の仕事やコンプライアンスの仕事等でしょう。目指すタイプの仕事ではないかもしれませんが、貴方のように様々な経験をされている事が後々そうした職務に直接活きて来る事は間違いないです。会社の最前線で起きている事をイメージできず、机上の想像でリスクを軽重の判断ができず、重箱の隅をつつくがごとき書類ミスの発見に躍起になるコンプライアンス担当というのは案外多いものです。そのような形骸化された仕事しかできない役職者にならない為にも、現時点での仕事に全力で取り組んで、種々多様な問題にぶつかり将来の糧にするのが良いでしょう。最終的にはデキるコンプライアンス担当を目指すというのはいかがでしょうか?

  4. Collins 2015/06/02 22:19

    同じ職種でも、違う会社でやれば、考え方や進め方などは会社独自のものがありますから、どこで仕事をしていても自分の汎用性が高められる仕事ばかりではない事に注意は必要でしょう。そういうものを追い求めて転職しても、結局それぞれの会社でしか通用しない流儀やキャリアしか身に付かないようになっているような気がします。全ての仕事が自分のスキル向上に役立つと思えるような会社は、まずないでしょう。よっぽどの事がない限りは、現職を続ければいいのではないでしょうか。そのうち転機が訪れることもあるでしょう。自分が動かなくても周りが動き、機会が生まれる可能性もあります。その転機が訪れた時に、すぐ行動できるように今のうちは準備されているのが良いでしょう。特に何かを目指す事もなく、有り得る可能性に備えて、勉強をしておきましょう。サラリーマンなんてそれぐらいで丁度良いのでは?

  5. judgement 2015/06/01 11:14

    自分ではお気づきではないかもしれませんが、その「要領の良さ」というのは大きな武器です。自己評価がすごく低い方ですね。そういう謙虚な所も良いと思います。また、一見転職を重ねて一貫性を欠くキャリアととらえる人も中にはいそうですが、外部の人間と積極的に関わる仕事に適性があるのではないでしょうか。経験された職務はどれも簡単な仕事ではありません。専門性も求められるし、知識だけがあっても通用しない仕事ばかりです。いわゆる実力がないと務まらない仕事を、会社を変えながらも軽やかにこなしているようにお見受け致します。大変素晴らしいキャリアだと思います。今の会社・職務でも十分に経験を活かしていらっしゃるように思えますから、変にあせって転職等の動きをとる必要はないでしょう。今のまま思い切りやればいい結果が出ますよ。仮に転職を考える場合でも、それだけやって来られた実績があるなら、他業界には行かない方がいいでしょう。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する