不動産ファンドの人間関係78view

他業界から転職活動中の身です。業界経験者の方に質問です。不動産ファンドの人間関係ってどんな感じでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. body 2015/04/10 11:08

    1社や2社会社を変える事は当たり前の世界です。現在または過去の上司・同僚等が実に色々な会社に転職します。彼らとの良好な人間関係があれば、「一緒に仕事しないか」と誘われる事も普通にあります。こうした採用方法には採用側に大きなメリットがあります。転職エージェントに払う多額の手数料を支払わなくても良いことと、殊更面接をしなくてもどんな人間かはすでに分かっている為、入社後のミスマッチがかなり抑えられるという事です。転職者側からすると、すでに知っている人間と仕事ができる安心感は何にも替え難いものがあります。結局入社してみるまでは色々と分からない事が多いので、人物面の不安が入社前に少しでも解消される事は、転職者側にとって大変有り難いことなのです。特に高年齢での転職には、このように知人を通じてというケースが比較的多いです。最初からこのような展開を目論んで、嫌な人とまで無理矢理付き会う必要はないと思いますが、関わった人との縁を大切にしていると何かの可能性に繋がる事もある、という事です。例えば仕事の関係でミーティングをした際、「最後にちょっと話がある」と言って移籍の話を切り出されるというパターン等です。

  2. Nayoro 2015/03/31 19:00

    不動産ファンド業界は他の業界に比べて「世間が狭い」と感じられる事が非常に多いです。本来的には守秘されるべき事が、「ここだけの話」という枕詞の下に平気で流布されてしまうというモラルの低い部分が不動産ファンド業界にはあります。少なくとも自分はそう感じます。もちろん全ての関係者がそうだという訳ではありません。しかし、このように水面下でこっそりとやりとりされる情報が意外と重要視されているケースも少なくありません。社内における自分の評判等は、社外の人が何となく知っているという事は普通にあります。ここまで書けばお分かりかと思いますが、社内だけで完結するはずの人間関係が、転職時にも影響を与える可能性が十分にあるのです。実際に良い候補者がいた場合に、採用すべきかどうかの最後の決め手として、かつての上司・同僚に採用担当者が直接レファレンスチェック(風評の確認)をする事もあります。ここで彼らとの人間関係があまり良くなければ、どうなるかはお分かりですよね?当然採用は見送られます。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ページ上部へ移動する