新聞記者の将来性146view

新聞社と聞くと、ネットに押されて衰退しているイメージもあります。新聞記者への転職を考えている場合、把握しておきたいのが新聞社の将来性と、それを踏まえた上で必要な対策を考えることですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?「新聞記者の将来性」について教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. chisolm 2017/05/30 15:37

    ネットの普及や若者の活字離れなどで新聞の読者数が減少していることなどが原因で、新聞社の収入のほとんどを占めている広告収入は、近年全体的に減少しています。そのため各社で生き残りをかけて独自性のある紙面作りをしたり事業を展開したりしています。

    またこの厳しい波は記者の採用にも影響が及んでいます。各社は少ない数の記者でもよい紙面を作れるよう、記者数で勝負していたピーク時よりも採用数を抑えて、少数精鋭体勢にしている傾向にあるため、転職者にとっても厳しい状況なのです。

    新聞社そして記者が将来生き残るためには、広く読者に支持される紙面づくりが基本ですが最も重要なことです。1つは高齢者向けの紙面づくりや記事内容を意識したものにするということです。少子高齢化の影響で新聞の読者は徐々に高齢化しているため、近年多くの新聞社で高齢者が記事を読みやすいよう、掲載文字数を減らし、文字を大きくするという対策を取っています。

    2つ目は女性向けの紙面づくりです。今までは女性向けの紙面というとカルチャーなどを扱う文化面の充実が挙げられていましたが、女性の社会進出が進む中、それだけではもはや不十分だといわれています。女性に呼んでもらえる新聞となるためには働く女性にも寄り添った企画原稿や紙面展開が大切なのです。

    私見ですが参考になれば。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する