体の負担が少なく、薬の仕事メインの職場に転職したい527view

ドラッグストアで働いている30代の男です。僕は登録販売者なのですが、基本的な仕事はお菓子や飲料、お酒など食品を担当しています。大型店舗のドラッグストアなどで店も広く、商品アイテムも多いです。食品の納品の日には勤務時間の半分以上は商品を納品しています。

食品だけに飲料やお酒のケースを持ち上げたりすることが多く、年々体に負担がかかっています。そのため常に腰が痛むようになり、それでも我慢して仕事をしていました。
先日ついに仕事中に、ぎっくり腰になってしまい動けなくなりました。病院に行くと仕事は無理なので数日間は自宅で安静にと病院の先生に言われました。
このままドラッグストアで働き続けていると、体はもっと酷使され続けるのではないかと不安になります。できれば、登録販売者の資格を活かして薬の仕事をメインでしたいです。しかし、恥ずかしい話ですが薬に対してそれほどの知識もないです。
このまま無理をしてでも、今のところで仕事を続けるべきでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. aoao_a 2017/06/03 15:30

    ぎっくり腰になるまで仕事を毎日がんばられていたのですね。動けなくなるまで痛めてしまうなんて日常生活も大変だと思います。

    私は数年前まで、ドラッグストアに勤務していました。大学を卒業してドラッグストアに就職が決まり働いていたのですが、想像以上の肉体労働でした。重たい物を持ったり、忙しい時は納品をしながら呼ばれるとレジまで走って行かなければいけません。
    私は元々、子供の頃から体が丈夫ではなく持病もありました。どうしても自分が思うように体がついていけなくなり、周りの方々に迷惑がかかってしまうと思い、2年ほどでドラッグストアを辞めました。今は登録販売者の資格を活かして知り合いがいる薬局で働いています。
    ドラッグストアのような忙しさや、せかせかした雰囲気は全くなく自分のペースで仕事ができ、何よりも体に負担がかからないので今の職場は自分にすごく合っていると感じています。

    相談者さんもこれ以上、働くと体にも負担がかかると思われるので薬局のような所で働いてみてはどうですか?
    薬局でなくても納品量の少ない、小さめのドラッグストアに勤務するのもいいと思います。
    まずは腰をしっかりと治してから、ゆっくりとお仕事のことを決められてみてください。これからもお体を大切に。

ページ上部へ移動する