不動産屋かハウスメーカーへの転職を考えています。アドバイスをください。52view

現在福祉施設の職員として働いています。交替勤務制で、日勤夜勤を交替で勤務しています。
夜勤手当てもありますが、今後生活をしていくのには若干の不安があります。加えて毎日同じことの繰り返しであまりやりがいなどを感じられず、施設の仕事自体を今後も続けていきたいと思わないのが現状です。

徐々に転職への思いが強くなっていき、調べているうちに不動産関係の仕事に興味を持ち始めました。
求人情報を見ていると、収入面でも今よりはるかに高く、現場の方の話などを見ていても非常にやりがいのある仕事だと感じました。求人も多くあり、中途での募集もありました。
もし転職するのであれば、不動産屋かハウスメーカーをと考えています。
転職にあたって実際に不動産業界で仕事をされている方、以前仕事をされていた方にアドバイスをいただければと思います。求人情報にはさらけ出されないような実情などを、教えていただける範囲でお答えいただきたいです。よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. manolete_6382 2017/05/31 6:16

    簡単な気持ちでは続けられないのが、不動産業界の仕事。もちろんどこでもそれは一緒ですけど、特に大変な仕事ですよ。
    よく言われるのは、五年続けられたらどんな仕事でもうまくやっていけると言います。ハウスメーカーや不動産営業などは軌道に乗るまでは本当に地道な努力を積み重ねていき、お客様から紹介がもらえるようになって、それでご飯が食べていけるようになったら一人前だと思います。それくらいになったら収入もあなたが思うくらいの額がもらえるんじゃないでしょうか。
    簡単に高収入は望めないということです。求人がたくさん出ているということは、辞めていく人もたくさんいるということです。成功は一握りの人だけです。
    地道に努力できる人であれば、続けられると思いますので、頑張ってください。

  2. valentino 2017/05/29 9:34

    質問者様とは逆の道筋で、大手ハウスメーカー→福祉施設への道を辿りました。
    私の施設は障害者のデイサービスのため、夜勤はありません。というより夜勤のないところを選びました。

    まずひとつ言えることは、求人情報のみを鵜呑みにしないことです。
    収入に関して言えば、大体の会社は社員のなかでも特に成績が優秀な社員さんの年収があがっています。宣伝している以上はその収入の方もみえますが、そのような方は氷山の一角です。相当な営業力を持った人しかそこまでは登り詰められないと思います。

    ただ私の勤めていた会社での範囲でしかお答えできませんが、しっかりとコツコツ成績をあげていれば、平均以上の収入は十分にあります。1つの例ですが、私が現在いる福祉施設には看護師もいますが、元々総合病院勤務の方でした。ちなみに年齢は私より大分上ですが、私が社会人2年目でハウスメーカー勤務時代の年収と、看護師で30半ばでバリバリ夜勤をしていたときと、同じくらいの年収でした。
    それでも私はそこまで優秀な方ではなく、成績としては中の上くらいでした。なので平均よりは高いですが、普通の営業マンだと、さほど飛び抜けた数字は出ませんよ。平均年収なども高めですが、上が相当な額をもらっているため、平均があがるのだと思います。

    不動産屋さんなども同じような感じだとは思います。ただ不動産屋さんは賃貸メインなのか土地をメインで扱っているのかでも変わってきます。1つ契約する当たりの単価が全然違いますので。
    仕事のやりがいはあります。福祉施設でルーティンが繰り返されることも、利用者の小さな変化を発見したりすることで、やりがいを感じたりその仕事に誇りを持っている方もたくさんみえます。
    ただ私もハウスメーカー時代のほうがやりがいを感じました。毎日全然違うお客様と、全く違う設計の家を一緒に作り上げていくことは本当に刺激的でした。人の一生を背負っていくことに福祉と変わりありませんが、金銭的な部分と生活を背負っていくのか、精神的な部分を背負っていくかの違いだと思います。
    毎日が違うので、作業的にならず、新鮮な気持ちで仕事に臨めるのもハウスメーカーで勤務していたときの良いところでした。

    ただ体力的には日勤夜勤とされている施設勤務も大変かもしれませんが、不動産の営業は体力ももちろんそうですが精神的な体力も必要だと思います。
    一般的な売り物とは桁が違うので間違いは許されませんし、少しのミスが、会社にとって大きなダメージとなってしまうので、上司からも圧力はかなりあります。ただ店長や営業所長クラスはそれ以上に重責がかかってくるので、どこまで上がっても大変なことは大変だと思います。
    決まった時間にはもちろんのように退社はできませんし、休日も関係ありません。
    要領よく立ち回ればそのようなことはないですが、そんな人は数少ないです。法人相手の仕事であれば別ですが、個人相手の営業だと、相手にある程度時間を合わさなければいけないので、難しいでしょう。そういった面では、楽な仕事ではありません。それなりの収入になるのも納得といった感じです。

    不動産屋さんかハウスメーカーかということですが、もし不動産屋に転職となれば宅地建物取引士の資格が必要とされます。宅建士はいわば土地売買のプロです。土地契約やアパート契約の際は重要事項説明書の説明義務が、業者にはありますが、誰でも説明していいわけではありません。必ず専任の宅建士が説明しなければなりません。そのため事務所には五人に一人の割合で宅建士を置かなければいけないのです。
    なので特に不動産屋さんだと資格の勉強をしなければいけません。ハウスメーカーでもそこまで使う機会はすくないですが、自社土地の販売には必要ですし、建て売り住宅などであれば、土地も一緒に付いてくるので、やはり宅建士は必要です。そして宅建士の資格を持っているということで、知識もそうですが、説得力が違います。
    なので不動産業界に転職しようとされているのなら、しっかりと資格の勉強をしておいたほうが良いでしょう。

ページ上部へ移動する