テレビ制作会社の転職と志望動機605view

テレビ制作会社の転職の時の志望動機の書き方の注意点を教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. Vietnam_hiro 2015/06/22 18:30

    まず大前提として、テレビ制作会社の転職では社会常識が大切だと思います。テレビ制作会社への転職となると、奇をてらったアピール方法を考えてしまう人も居ますが、実際はセオリー通りのアピールが最も効果があります。テレビ制作会社の社員はアーティストではありません。逆にアーティストのような変わった人間であるほど採用を見送られます。その意味で転職活動はスーツを着用し、髪型を整え、ひげを手入れし、履歴書も丁寧に書き込んでください。普段以上に社会常識を重視すべきかと思います。

    志望動機については「具体的」な記述が好まれると思っています。
    「具体的」な記述とは、例えば
    ・どの局のどの枠のどの番組に興味があって応募したのか?
    ・応募先の制作会社の誰に興味があって応募したのか?
    といった点には触れておきたいです。

    経験者であれば、応募先の制作会社がどの局のどの枠にどういった番組を作っているのか、ホームページを見れば簡単に理解できると思います。技術の会社がどこで、編集場所がどこで、ディレクター、アシスタントディレクター、プロデューサー、ディレクターが誰なのかも調べがつくはずです。現状の職場を辞めてまで転職をどうして希望するのか、具体的な情報とともにまとめた方がいいのではないでしょうか。

    一方で未経験者はどうやって志望動機をまとめればいいかというと、同じく、応募先企業が今までにどういった番組を作っているのか調べましょう。自分の知っている番組名を探し、その番組についてもう一度詳しく調べましょう。録画を見られる機会があれば、もう一度見てみましょう。その感動を素直に、具体的に志望動機にまとめると、採用担当者に喜んでもらえます。直接番組に携わったメンバーが選考委員に居なくても大丈夫です。具体的な番組名を具体的に褒めてもらい、そういった番組を自分も作りたいと希望する若者を前にすれば、誰でも好意的な感情を持ちます。それだけで採用になるほど甘くはないですが、少なくとも印象には残ります。経験者じゃなくても伝えられることはあります。

    例えばですが「社会のためになるような番組を作りたい」という漠然とした志望動機ではなく、具体的な番組名を挙げながら志望動機を具体的に語った方が絶対に評価が高くなります。面倒かもしれませんが、企業研究の一環としてぜひとも過去の作品歴はチェックしてみてください。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する