ハウスメーカーへ転職するための準備と一日の流れを教えてください。42view

現在介護施設で働いています。しかし以前から住宅業界への興味があり、現在の仕事への待遇の不満や、やりがいを感じられず、転職をしようと考えております。
どうせ転職するなら、自分がずっとやりたかったことを仕事にしたいと思い、ハウスメーカーへの転職を希望しています。

ハウスメーカーでの仕事は大変とよく聞きます。今の仕事なら比較的時間があるので、準備としてなにか資格や勉強しておきたいと思っております。どのような準備が必要でしょうか?
あと仕事の大変さなどあれば、具体的に一日の流れなどを教えていただきたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. krote_8b 2017/06/03 3:03

    ハウスメーカーに転職する為の準備としては、前の方も書いていますが、まず宅建とFPを取ってください。
    仕事は大変です。営業がお客さんと、設計・インテリア・エクステリア・下請けなどの橋渡しとなるので、法律関係をはじめ、ほんとうにたくさん勉強しなければいけません。
    毎日お客さんとの打ち合わせ、そのための資料準備、関係者との話を詰めていくことが毎日の流れです。その合間に展示場に来たお客さんを獲得していきます。

  2. kukuna-o-ka-la_67 2017/05/29 8:34

    ハウスメーカーで勤務していた私がお答えいたします。
    まず準備として時間があるということは大変良いことです。ハウスメーカーへの転職とおっしゃっていますが、ハウスメーカーはただ単に家を建てるだけでなく、各メーカーで特色があります。
    外壁の素材であったり、構造躯体に強みがあるメーカー、工法の違いなど本当に様々でそれぞれのメーカーに強みがあります。まずは企業研究をして、自分が良いと思うハウスメーカーを選んでください。
    そしてハウスメーカーと転職先を決めているのなら、宅地建物取引士は勉強して、資格を持った状態で面接に臨むと、有利だと思います。
    実際に業務で頻繁にその資格は使いませんが、不動産関係の仕事であること、そのハウスメーカーで自社土地を保有しているのであれば、資格を持っているだけでも有利に働きます。不動産業を営むためには、事務所に5人に1人の割合で宅建資格保有者の設置を義務付けられているからです。宅建を持っていると資格手当が付くところも多いはずです。実際に私のいた会社では手当で毎月5000円つきました。
    あと資格で言えば、FPなどもとっておくと良いでしょう。お客様との折衝中に、ライフプランや金利の説明をすると、信頼度が上がります。FP2級以上持っていると手当がつく会社もあります。
    宅建やFPなどは名刺に載せれますので、名刺を渡したときの第1印象で「この人はしっかり勉強しているんだ」と思わせることができます。

    次に仕事の大変さですが、ハウスメーカーのどの部署に配属されるかということ、その人の考え方次第だと思います。
    ちなみに私は営業職だったので営業の観点からしかお話できませんが・・・
    私は営業マンとして働くことに特に大変さは感じませんでした。むしろ気楽で良かったとさえ思っています。怒られないだけの成績であればなにをしていても自由だからです(役職が付けばまた別かもしれませんが)。
    それに自分が提案したものがだんだんと形になっていき、お客様に喜んでいただけることが楽しかったからです。あまり仕事として考えすぎず、楽しみながらやっていたからかもしれません。
    抜くところは抜いて、完璧にこなそうと思うと、大変に感じるかもしれません。
    勤務時間は長いですし、休みも多くはないので、言い方は良くないかもしれませんが、勤務中に休めるときはしっかり休むことが大切です。それができることも住宅営業の良いところだと思います。

    一日の流れとしては、施設などはある程度時間によって決められた仕事があったりするのでしょうか?
    ハウスメーカーでの営業だと、毎日仕事する内容が変わってきます。お客様相手の仕事なので、突然違う要望を言われたり、他のお客様の対応をしなければならなかったりするからです。
    基本的な私の一日としては、
    8:30 出社、勤怠や日報の確認、展示場清掃
    10:00 展示場待機、夜からアポイントのお客様の資料作成
    12:00 昼食
    12:30 訪問用資料作成、次回アポイント取得予定邸の情報確認
    14:30 訪問のため外出、休憩
    18:30 折衝
    21:00 展示場帰宅、折衝資料まとめ・修正
    22:00 帰社

    これが特に大きな予定のない1日です。契約したお客様との打ち合わせなどが入ってくると、これらの隙間時間に、役所調査、建築予定地の調査、お客様からのヒアリング内容からプラン設計、設計部署との日程調整、インテリア・エクステリア担当との日程調整などが入ってくるので、結構忙しいですし、帰りも遅くなります。
    ただ契約してからが住宅営業のやりがいや楽しみだと思うので、契約してからが仕事の始まりだと思って仕事をしていました。

    ハウスメーカーでの仕事は他の業種に比べたら、業務が多岐に渡ると思います。そのため常に自己研鑚に努め、臨機応変な対応が必要になってきます。
    休むときと仕事をするときのメリハリをつけてやっていくのがコツだと思います。
    あと営業の仕事というのは、結果がついてまわってきます。もし成績があげられなかったりしたときは、やはり上司からもいろいろ言われます。そんな時にくじけずに成績をあげるためにさらに努力する忍耐力を持ってください。そして結果を出せば自由にできる仕事ですし、結果の分だけ給与に反映されたり、目に見える形で返ってきます。
    ご自身に合ったハウスメーカーを見つけて、頑張ってください。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する