アートディレクターってどんな仕事をしているの?デザイナーとの違いは?3view

グラフィックデザイナーとアートディレクターの仕事について、大きな違いはどういう点でしょうか?
デザイナーの仕事と似通っているところがあり、大手の企業だと違うのでしょうか?また、中小企業のアートディレクターの方はどういった仕事をされているのですか?
将来的にアートディレクターになりたいと思っていて、内容を詳しく知りたいと思い質問させていただきました。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mauumaloo-12 2017/05/26 0:19

    アートディレクターにも、デザイナーのように実際に手を動かす人もいれば、メンバー構成や指示が中心でまとめるだけの人もいますね。
    小さい会社だと、自分で手を動かす人が多いですが、大きい会社だとどちらもいますし、本人がどんな働き方をしたいかにもよる、という感じでしょうか。

    どちらのタイプにしても、デザインを組み立てる思考部分がすごく大切になってきますし、それを伝えるコミュニケーション能力に長けていないと、ディレクターとして力不足でしょう。
    質問者様がどちらのタイプを望まれているのかは分かりませんが想像できる通り、自分で手を動かすと、作る楽しさを味わえる反面、労働時間的に厳しいものになりかねません。やりがいや、達成感を味わえるのは間違いないですが、体力が定年まで持つか?といった疑問がありますので、人によるでしょう。
    また指示が中心になれば、考える事に意識を十分に回せますが、並行して行う仕事もそれだけ増えるので、考えたりコミュニケーション能力がより高い方の方が向いているのかな?と個人的に思います。仕上がりを見て修正の指示等が中心になりますので、それで満足できるか?というのもやはり向き不向きがあります。
    質問者様がどのような仕事のスタイルが自分に近いのか考えてみてください。

  2. cristoforo_q 2017/05/25 10:45

    グラフィックデザイナーとアートディレクターの大きな違いについて、私なりに思うのは、デザイナーは実際に制作をする仕事、イメージを具現化する仕事ですが、アートディレクターはイメージの方向性を決めたり、その方向性があっているのかを見抜く目を持っている方ですね。
    チームのリーダーとして皆を引っ張っていく仕事なので、そのリーダーが方向を見失うわけにいきません。とても大切で責任のある仕事であり、迷いなく進めるというのは人として難しい事です。
    また、デザイナーが作った物を手直ししたり(指導)、スケジュールや予算の管理など、クライアントと主体的になって仕事をしなければなりません。
    私の先輩のディレクターは「ここのイメージは外せない」「このテーマで進める」という意識やビジョンがはっきりとされています。なぜ、そのようにぶれない芯のようなものを持てるのか不思議で仕方がないです。
    私はまだまだアートディレクター歴2年ほどなので、芯を確立できているわけではありませんが、今後はそのような人物になっていきたいと思っています。デザイン業界に何年いようと、先の長い道のりだと改めて思っている次第です。

  3. eugenio_y 2017/05/24 15:38

    私は中小企業でアートディレクターをしています、29歳の女です。私の場合はスケジュール管理や打ち合わせ、予算の管理、チームへのフォローなどがすごく増えたな~と思います。
    フォローしたり、サポートするために気をまわしたりと、神経を使うなと正直思います。
    取引大手のトップの方とも打ち合わせをしたりするので、デザイン以外で気を使う事ばかりです。しかしながら、大変だと思う反面、いろいろな方とお話ができますし、トップの方々の仕事への考え方や情熱が伝わってきますので、とても貴重な機会だと思っています。

    最近の仕事でお世話になった方は、イベントの企画を考える会社のトップの方でしたが、どんな世の中にしていきたい!お客様にこういった体験をしてもらう事で素晴らしい時間を過ごしてもらいたい等のビジョンを聞かせていただきました。利益や予算に関するだけでなく、会社のビジョンや世の中に対する思い、提供していきたいサービースの理由が聞けて、やる気だけでなく感化された事が多々あります。
    グラフィックに対する技術面よりも、グラフィックへの考え方が変わり、ものづくりの意識に変化が出てきました。今はいろいろな方と出会う事で、成長していく期間なのかなと思います。

    まだまだ私はアートディレクターとしては経験が浅いですが、質問者様の参考になればと思い投稿させていただきました。グラフィックデザイナーからのステップアップとしてもそうですが、デザイナーとしての広がりも大きくなるので、是非とも目指してもらいたいなと思います。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する