給料が安く残業が多いことに悩んでいますが、デザイナーはこれが普通?45view

現在26歳男性のグラフィックデザイナーです。実務経験は6年ほどになりますが、給料が額面23万円ほどで勤務が23時までになる事も多々あり、転職を考えています。
デザイナーの皆さん、どういったタイミングでお給料は増えましたか?
また、これが普通なのでしょうか?
僕は結婚等も考えており、家族を養える程度の給料にしたい為に転職するしかないのかなぁとも思っています。できれば今の会社で働きたいのですが仕方のない事なのでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 82sternchen 2017/05/24 12:22

    あ~厳しいですね。僕も地方でデザイナーとして働いている時には、それくらいでした。
    都心部に行くともう少し高いと思いますが、中小企業だとデザイン業界の給料はその程度なのではないですか?転職してキャリアアップを図るほうがてっとり早いと思いますが。
    後は、ご自分で仕事を探してフリーとして仕事をする事でしょうか?でもフリーになるにしても、もう少し経験があったほうが良いですし…もう一つ二つ会社を経験してみて、方向性を決めるのが僕的におすすめですね。なるだけたくさん知って判断材料を増やす事が今は必要な気がします。

    実務経験6年で26歳というと気が急いてくるかもしれませんが、大卒の方などはまだ社会人3~4年目といったところですよ。もう少し社会勉強するくらいの気持ちでも良いのではないですか?
    ご結婚も念頭にあるとの事なので、心配事も大きく感じられるかもしれません。しかし、現在共働きが主ですし、自分が家族を支える!と気負う必要もまだないかと…。
    ともに支え合える女性なら、どんな仕事をしていても大丈夫なはずです。低所得者が圧倒的に多い世の中ですから、目に見えずとも皆さん工夫を凝らしながら、楽しく生活されているはずですよ。
    それよりも、金銭的なライフプランや収支にしっかり目を向ける事のほうが重要であり大変な事ですから、合わせてよく計画したほうがいいはずです。公私ともに素敵な生活が送れると良いですね。

  2. gaoth 2017/05/23 13:59

    グラフィックデザイナーの平均年収を見てわかるように、幸運でない限り低所得が続くと言わざるおえませんね。あくまで、今のまま年だけ重ねると…ですが。
    現在グラフィックよりもウェブでの戦略の方が多くなってきていますので、価格帯が今後も下がっていく事が懸念されます。
    質問者様がグラフィックデザイナー一筋!でいきたいと、こだわりがなければ別の方向性や二足のワラジを検討したほうがいいでしょう。
    まだお若いようですので、新しい事を始めるなら今すぐがよろしいかと思います。年を重ねると人に教わるのもプライドが邪魔しますし、ますます時間が持てません。体力的にも知力的(新しい技術を覚える)にも、年齢を感じてくるでしょうから。
    アートディレクターを目指すか、自分だけが持つデザインの技術を身につけるのか、将来のビジョンをしっかり持って検討したほうが良いと思います。

    今お勤めの会社で、このまま働きたいとおっしゃっていますが、続けたい理由は何ですか?
    今から保守的な決断をしていれば、先が思いやられますよ。
    会社として規模が大きかったり、先輩を見ていて昇格の兆しや給与が増えるようでしたら良いのですが、ただ居心地が良いだけでしたら危険です。
    しかしながら、ここで不安ばかりを口にしていても仕方がないので、まずは先輩に実情をヒアリングするなり、ご自分の環境を分析してみてください。
    業界的に、低所得になりがち又は高低差が大きい仕事なので、給料の高い仕事(会社)を狙うか、他業種に行くのか真剣に考えたほうが良いでしょう。ただ転職するだけでなく、コネクション等があるのであれば、周りの人たちに助けを求めるのも大切かと思います。

  3. tetuko 2017/05/21 4:56

    お給料が安いのは、辛いですね。
    上司に交渉してみるのも手だと思いますが、転職する際に賃金交渉するのが給料アップはしやすいかなというのが感想です。私の会社では、賃金交渉している人も結構いましたよ。
    私は交渉するのが苦手なので、転職する際に、あらかじめ金額の高い所を狙いました。

    結局の所、会社にそれだけの資金があるのか?儲かっているのか?払えるのか?という所かと思いますので、お金を持っている業界ではたらくほうが良いなと思います、将来性も含めて…。
    後は、副業をする事やフリーランスや独立といった手段でしょうか?

    質問者様はどれくらいの金額を希望されているのでしょうか?希望の金額をもらえる会社や業界に入らないと、その金額に達成出来ないかもしれません。何となく高い給料が欲しい…ではなく、具体的にいくら?またその金額に見合うために何が出来る必要があるのか?等を考えてみてください。
    欲しいだけでなく、自分にはどんな事が出来るのか?どんなアプローチが出来るのか?デザイン業界の平均年収を見てもそれほど高くないのが実態ですので、アートディレクターを目指すのか等、将来を見越した職業選択・会社選択が必要になってくるはずです。
    また、地方や都内でも給料面に差がありますので、その辺も含めて検討されてみてはいかがでしょうか?

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する