医療機関3年目の消防浪人、消防職の転職に有利な資格とかありますか?17view

大学卒業後に総合病院に就職して3年目になります。年齢は25歳です。
大学在学中から消防職を目指して現役も含めて採用試験をいくつか受験しましたが、いつも最終選考で落ちています。今はいわゆる消防浪人です。

仕事をしながら消防職への転職を考えています。今の仕事も3年目になって、プリセプターになったり色々と仕事を覚えられたりとそれなりの充実感はありますが、やはり救急救命士となった以上は資格を最大限活用できる職域の消防職への就職を目指しています。
ただ、年齢的にも次が最後のチャンスではないかと考えているので、採用試験を突破するために持っておくと有利になるような資格があれば教えて頂きたいと思って質問させて頂きます。よろしくお願いします。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. trilby 2017/05/23 8:23

    消防勤務の救急救命士です。私も消防浪人経験者です。私の場合も専門学校在学中から消防希望でしたが採用試験を突破できずに卒業し、そのまま1年間民間救急の会社で働きながら公務員試験勉強をしていました。前回やっと希望する自治体の採用試験に受かり、今はポンプ隊員をしながら救急の勉強をしています。

    私は今、現場に出ながら勉強していますが、できれば外傷活動のJPTECや多数傷病者現場のMCLSなど消防の救急活動に関するコースを受講しておいた方が良いと思います。
    うちの所属の救急隊のうちの部では隊長・隊員は救命士ですが機関員は救急課程修了の隊員です。しかし、みんなJPTECのインストラクターを取得しています。隊長に至っては他に多くのインストラクター資格を取得していますし、署では資格取得を推奨する風潮があります。
    私も入職してから時間があるうちに取っておけば良かった、と後悔しました。研修に行く時間は週休日しかありませんし、入職後は救急だけでなく覚える事がたくさんあります。自分の時間が作れて、余裕のあるうちに取っておいて方が良いと思います。

    私は医療機関での勤務経験が無いので質問者さんが普段どのような仕事をしているかわかりませんが、恐らく消防の活動とは違うと思います。多くのプレホスピタル用コースは消防職に合わせてプログラム構成されているので、入職後の活動も違和感なく入れると思いますし、大学でやった実習などを思い出せると思いますので。難関だとは思いますがぜひ公務員試験を突破して下さい!

  2. giulio_j 2017/05/22 12:05

    消防職5年目の救急救命士です。私も2年間消防浪人していました。その間はやはり医療機関で働いていました。

    さて、ご質問についてですが、私はTOEICのど英語の外国語スキルの習得が有利だと思います。
    今は私は救急に乗っていますが、稀に外国人傷病者を扱う事があります。その際は本当に苦労しますし、本当にカタコトの会話になって観察もままならない状態です。
    特にうちの場合は関東の小さな自治体ですので観光客など比較的外国人を扱う可能性が高い上に、まともにネイティブレベルの会話ができる職員はいません。本当に困った時は指令センターを呼び出してのある程度の英会話ができる職員に同時通訳を頼んでいます。緊急度が高い病態だと致命的な時間のロスになりかねませんが、幸い今までそういった症例には当たっていません。
    今後は、オリンピックなどを控えてこれからどんどん訪日客が増えてグローバル化していく事が予想されますから、英語力があればどんな組織でも欲しい人材だと思います。救急の現場でも重要なスキルです。
    今は英検なども重要視され直してきているみたいですし、自己啓発の意味も込めてぜひ習得を目指してはいかがでしょうか?頑張って試験を突破して下さい。

  3. pippino-25 2017/05/21 14:15

    私は消防職3年目の消防職員・救急救命士です。ご質問について私の経験則からお答えさせて頂きますね。
    まず、消防職においては医療系資格の最高資格は救急救命士です。看護師は救急現場で特定行為はできませんから。
    ではその他に持っておくと有利になる資格は例えば大型免許でしょうか。救急車や消防車を運転するには機関員という内部資格を取得しなければなりません。しかし、機関員でも法令を超える事はできませんので、大型の消防車などは運転できません。大型免許保有者は多くはないので重宝がられると思います。その分、希望しない機関員を取らされる危険はありますけど。

    あとは、受験先にもよりますが、小さな自治体で、海沿いや大きな河川が管内にある場合は水難救助隊があるところがあります。これは海難事故事象に対応する部隊です。仕事として水中の作業に従事するので潜水士の国家資格が必要になります。
    こういう資格は保有しておけば間違いなく有利になると思いますし、潜水士などはそんなに難しい資格ではないので是非チャレンジしてみて下さい。

    いつかどこかで一緒にお仕事できる日を楽しみにしています。受験勉強頑張って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する