ハウスメーカーへの転職、いくつかの企業を受けたほうが良いですか?32view

住宅営業に魅力を感じ、ハウスメーカーへの転職を考え始めました。魅力を感じたのは、お客様と一生に一度の買い物を提案できることにやりがいを感じたからです。
しかし恥ずかしながら、まだハウスメーカーへ転職したいと考えているだけで、実際にどのような仕事なのかは詳しく知りません。
現在の仕事のこともあるので、一社ハウスメーカーで求人のあるところに面接に行こうかと思っています。ハウスメーカーの営業であれば、仕事の流れなどは基本的には一緒でしょうか?
無理をしてでもいくつかのハウスメーカーに試験を受けに行くべきでしょうか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kaipiha_24 2017/05/23 5:42

    ハウスメーカーに勤務していましたが、よくそうやって良い部分がクローズアップされますが、実際にそんな理想のお客さんもみえますが、些細なことからお客さんからいろんなクレームがあったりドロドロしたりと大変なことのほうが多いですよ。お客さんからすれば、とてつもない金額をいわば信用ひとつで契約するのですから。
    実際にハウスメーカー勤務している人から話を聞けるほうが良いですけど、もし周りにいなかったらネットとかで色々調べたほうがいいですよ。

  2. hoshida_d 2017/05/22 8:39

    あなたは就職活動をしたことはありますよね?転職ってそんなに簡単なものではありません。私も転職活動しましたが、今の職業はどうやって選びましたか?私はここでの仕事をしたいと思って入った会社でしたが、実際はやはり理想とは違うものでした。それが理由で転職をしたわけではないですが、あくまで理想であって、実際の中身は全然違うかもしれませんよ。
    特に転職は年齢によっては、新卒で就職するより大変かもしれません。ある程度若ければポテンシャル重視で受かるかもしれませんが、30歳を超えてくると実績と経験に重視されます。私は三社受けて無事に二社内定をもらいましたが、ほんとうに運がよかったほうだと思います。さらに言えば今より条件の良い環境を探そうと思うと余計に難しいと思います。

    あなたはその仕事自体に魅力を感じてハウスメーカーを希望されているでしょうが、それに見合ったお給料や福利厚生がなくても不満はありませんか?やはり仕事のほかにもっと内側も調べてそれでも納得のできるハウスメーカーを選んだほうが良いと思います。一社だと、なにもわからないまま入社することになりますよ。色んなハウスメーカーを見て徹底的に研究してください。

    現在の仕事を辞めてハウスメーカーに転職するんですよね?であれば今の仕事より大切なのは次に入るハウスメーカーのことを考えるべきです。あと数ヵ月の仕事なのであれば、転職活動に専念するために有休取ったりしても良いんじゃないですか。有休取って文句言われるような会社でも、少しの辛抱だと思ってください。強い気持ちで転職には臨まないと、良い転職先は決まりません。
    なので、魅力を感じる仕事なのであれば、ハウスメーカーの営業は一体どんな仕事なのか、どんな理念で経営しているのかまずは調べてみてください。転職活動を行うのはそれからです。

  3. krote_8b 2017/05/21 6:03

    ハウスメーカーの仕事の流れとしては基本的な内容としては、似たようなことをしていると思います。
    ただ異なった面もあります。ハウスメーカーとひとくくりに言いますが、家を売る内容として、新築を取り扱うのか、それとも建て売りがメインなのかでも変わってきます。
    例えば建て売りの営業であれば、契約をしたら引き渡しておしまいですが、新築営業であれば、請負契約を交わしてから設計したり、細かい打ち合わせが始まります。
    さらに新築営業でも変わってくるのが、請負契約を交わしたら、設計担当に引き継ぐのか、そのまま営業担当が設計や他の担当とも連動して動いていくのかでも仕事量や内容が違います。あなたの仰るお客様と最後までのお付きあいをしたいのであれば、新築営業で契約してから引き渡しまでを営業が行うハウスメーカーが理想なのだと思います。
    ただ仕事量は契約するだけの営業に比べたら膨大な量になります。しかもその打ち合わせ最中でも次のお客様を探さなければいけません。ある程度の大変さは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

    ハウスメーカーに転職するにあたってですが、就職活動と一緒です。まずは多くのハウスメーカーを調べてください。そしていくつか面接をして、どんな雰囲気なのかを少しでも感じとりましょう。
    仕事内容は同じような感じだと思いますが、売る商品、つまり各メーカーでは家の特徴が全然違います。鉄骨建築なのか、木造建築か、基礎の構造は、など様々な部分で各メーカーに強みがあります。
    まずはハウスメーカーの家作りの特徴を調べましょう。そして自分が共感できて、自分もこのハウスメーカーに住みたいと思えるハウスメーカーを第一志望にしたほうが良いです。その方が素直な気持ちでお客様にオススメできますよね。なので一社だけ受けるのであれば、しっかりと各ハウスメーカーを調べた上で、自分がこのお家を売りたい、と思えるハウスメーカーを選び試験を受けてください。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する