保育士の転職、認可保育園と認可外のどちらがいいでしょうか21view

社会人の女ですが、学校に入りなおして保育士の資格をとり、転職したいと考えており、情報を集めているところです。
できれば認可保育園に就職したいのですが、認可外保育園にも興味があります。それぞれの特徴や違いなどを教えて頂きたいです。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. dianne_9 2017/05/23 14:01

    認可保育園の特徴
    ・他の無認可、託児所などよりも給与は高い
    ・正社員登用の可能性が一番高い
    ・自治体から補助金が出ているので、経営に多少の余裕がある
    ・認可保育所は厳しい規定の上に成り立っているので、保護者からも信頼が厚く人気がある

    福利厚生や給与の条件が良いのが何よりの魅力で、保育士達もどうせ大変な思いをするならば、その分給料をもらえるところに就職したいと考えて認可保育所を目指すのでしょうね。

    認可外保育園の特徴
    ・経営や保育の質に関しては本当に差が激しい
    ・専業主婦など、仕事をしていない子どもも預かる事がある
    ・夜間保育、24時間保育を行っている園もある

    認可外保育園は、ただダラダラと子どもを預かるだけの園があるかと思えば、きちんと子ども達の発達に応じた設定保育や玩具を与え、発達を援助する園もあります。
    保護者の中には、育児で悩んで子どもと距離を作る為に子どもを預ける人もいます。そういった人の相談に乗るのも保育士の大切な仕事です。事情が複雑な保護者を抱えている所も多く、病気などにも柔軟に対応をしてくれます。
    また、料金は園が経営していけるだけの保育料を保護者に請求できるので、金額と保育内容が釣り合っていないと文句があがる事があります。料金で揉める事があるのも認可外の特徴です。

  2. fico_984 2017/05/20 16:07

    認可保育園と認可外保育園の違いについて、ですね。

    保育士が就職や転職をする際に、特に求人が集中するのが認可保育所です。
    認可保育所には様々な働き方があります。
    まずは常勤、正社員を目指す契約社員や、正社員の働き方です。これは大体8.5時間(休憩1時間含む)で勤務が組まれ、日勤です。しかし、ここに行事前の準備の為の残業も加わります。また、延長保育もこういった社員が対応します。
    家に帰れる時間がバラバラで、休みも隔週2日に設定されていて、日曜日以外は殆ど平日に休みを取るように言われてしまいます。その分給与は基本給が16万~17万、更に残業代を加えると19万~20万になる事もあります。

    次にパート保育士です。パート保育士は、一番早い人で8時から18時までに8.5時間の勤務を行います。この時間内に上がれるように配慮されますし、残業は一切ありません。行事の準備も勤務時間以外はしなくて良い所が多く、持ち帰りの仕事もありません。環境整備や発達に気を配る、設定保育を仕切る事もなく、子ども達の把握が主な業務になります。

    そして更に勤務が短いのが乳児クラスの加配です。加配には三種類あり、
    ・9時~15時までの日中の雑務(※食事の準備やトイレ介助、子ども達の着替えや部屋の掃除・消毒)を行う加配
    ・8時~正午までの0歳児のクラスを主に担当し、食事の準備から部屋の掃除・消毒、子どもの把握を行う加配
    ・正午~16時までで、上記と同じ0歳児クラスを担当する加配
    これが時間の短い勤務です。
    子どもがまだ小さく、なかなか長い時間家を空けられない人には人気のある働き方です。一度保育士を辞めて、ブランク明けに就職する人も少なくはありません。

    そして、今度は時間ではなく日にちを開けたい人向けなのが、代替保育士です。代替保育士は、正社員や契約社員、パート社員や時短パートの人達が休んだ際に、代わりにクラスに入ってくれる保育士です。まだ子どもが小さく、幼稚園や小学校低学年で、毎日勤務をするのは難しいという人には人気の働き方です。

    仕事の内容はそれぞれの勤務形態で大きく異なります。
    まずは正社員・契約社員ですが、朝は保育園を開きお部屋の暖房器具や電灯を点ける事から始まり、子ども達の受け入れ、外遊び・室内保育の把握、排泄誘導、絵本読み、昼食準備・食事指導、乳児は寝かしつけと巡回、連絡帳記入、設定保育の準備・進行、降園までの遊びの子どもの把握など、一日の流れは大体正社員・契約社員が決めます。
    それをサポートし、把握を手伝ってくれるのがパート保育士です。
    ただし、絵本読みなどは、絵本にテーマを持ち、子ども達に絵本を通して感じて欲しい事を考えねらいを持って絵本読みを行うので、正社員・契約社員が担当しなければいけません。
    そして、時短のパート保育士達は、基本的におやつや食事の準備を行ったり、部屋の中で遊ばなければいけない子が出た場合はその把握を行ってくれます。

    次に認可外保育園ですが、ここに勤める保育士は、安定しない事や条件が悪い事でなかなか人が集まりません。でも、認可外の保育園も良い所は沢山あります。是非とも仕事の選択肢に加えてほしいです。

    認可外保育園の求人情報は、保育士の転職支援サイトなどでも探せますし、ハローワークなどの職業あっせん所にも出ています。でも、一番確実に良い職場を見つけるには、転職サイトに登録して実情を探ってもらうのが良いと思います。
    認可外保育園は、広告費を節約する為に、園の前に張り紙をしている所もありますが、転職サイトには登録をしていない場合もあります。その証拠に、転職サイトを覗いた時に、無認可で募集を出しているのは全体の約1割程度なのです。
    しかし、認可外は非常に噂や保護者数に景気が左右されやすく、あまり周囲から良く思われていなかったり、実際に中を探るとボーナスカットなどはよく聞く話です。そういった劣悪な環境を選ばない為にも、認可外に勤めようと思った時こそ、内情までしっかりと調べてくれる転職サイトに頼ってください。


    働き方は認可同様に様々ありますが、認可保育園との大きな違いは、夜勤や遅出勤務がある事です。
    認可保育園で夜間保育や24時間保育を行っている園は少なく、夜間に働く必要のある保護者は認可外保育園で24時間保育を行っている所を選びます。
    正社員・契約社員は休憩1時間を含む、8.5時間の勤務を行います。しかし、この8.5時間はどこで押し込まれるかは分かりません。朝保育園が開く7時から、夜勤の為に16時から、または遅出で10時~12時頃からの出勤などもあります。
    そして、ここでのパート職員も上記のように、家庭で手のかからない子どもがいて、高給を取りたいと遅出や手当の付く夜勤を専門とする人もいます。そして、子どもがまだ小さかったり、家庭と上手に両立したい時短保育士は、大体朝の8時から出勤し、早い人は正午に、遅い人でも15時に退社していきます。
    毎日ではなく、隔日で出勤したい人には代替保育士がオススメです。代替保育士は、正社員や契約社員、場合によっては時短の保育士が休んだ時に代わりに出勤する保育士です。子どもとの時間を大切にしつつも働きたい人、ブランク明けで夜勤が務まるか試してみたいという人にもオススメな働き方です。

    仕事内容は、正社員・契約社員は、朝の受け入れから始まり、子ども達の遊びの把握、連絡帳の記入、食事介助、お昼寝寝かしつけ、見回り、設定保育の準備・進行、行事の際は行事の運営、月案の作成などがあります。こまごました仕事になると、絵本を選ぶ、壁面を制作する、母の日や父の日などのプレゼント製作、子ども達の発達に合わせての室内の配置換え、玩具の交換、服を畳むなどの基本的な身の回りの事を指導するなどが求められます。
    パート職員は、上記の正社員・契約社員の保育士がしている事に準じて同じ様に子ども達を指導しつつ、正社員や契約社員が行事や何かの製作で場を離れる時に子ども達の把握を任されます。基本的には子ども達の把握が主な業務になります。
    時短は雑務が中心となり、おむつ替えや食事の準備、掃除や消毒など子どもと触れ合う時間が短いのが悲しい所です。

    認可外保育園は、自治体から補助金が出ないので、保護者から預かる保育料が命綱です。
    しかし、最近では認可外保育園も安定した職場だと考えられるようになってきています。
    理由は、待機児童の問題で保育園の需要が高まっている事です。
    どうしても仕事の都合で子どもを預けなければいけない保護者、病気が理由で子どもの24時間の育児が難しい人の唯一の助けとなるのが保育所です。しかし、認可保育園は抽選制ですし、園によっては兄弟児がいる人が有利になったりもします。そこで落選した人達の受け皿となってくれるのが、認可外保育園です。
    最近は人に来て欲しい事に加えて、他の認可外保育園と差別化を図る為に、保育の質を上げる事を課題にしている園も増えています。そういった活動が活発化している為、保育園も保護者から信頼を得て、認可保育園と同等、あるいはそれよりも厚い信頼を得て経営をしているので潰れる心配がないのです。

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「保育ひろば」が安定してランキング1位を獲得中!転職お祝い金も魅力の1つ!

  2. 知名度抜群の「保育士バンク」は厚生労働省認可の紹介会社が運営!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!

ページ上部へ移動する