建設会社(ゼネコン)の休日・休暇事情はどうですか?363view

建設会社(ゼネコン)の休日・休暇事情はどうですか?割と激務な印象がありますが・・・。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. ruddy 2017/03/15 18:18

    建設会社(ゼネコン)業界は、キツクテ、キタナイ、仕事の業界であるとのイメージを払拭させる為、又、若手の人材を確保する為に、土日休暇を取得するように業界を挙げて推進しております。大手のゼネコンでは、一般職員、現場管理職員とも土日は休日となっている会社がほとんどです。しかし、中堅、中小のゼネコンでは、現場の進捗の具合によって、土曜は業務、場合によっては日曜も作業を行っている会社が、まだ相当数見られます。仕事を受注するときの工期設定から、専門業者の工程管理を会社一丸となって精度を上げて、土日休日体制を業界全体で実施していくようにしていこうとしている過渡期であります。

    建設会社(ゼネコン)は大手ゼネコンを除いては、他の産業より土日休暇、週休二日制の認識が薄い業界であった為、連休にプラスして有給休暇を取得して1週間程の長期休暇を取得する職員の方が、まだまだ少ない業界です。しかしながら、古い業界の体質を残していたのでは、若い人材が増えませんし、又、若手の早期退職を招く一つの要因になりかねません。ですので上述の通り業界全体で改革を進めています。

    そして、建設業界には現場管理又は、設計の技術者を目指して女性の若手人材の参入が増えてきております。一見男性的な職場であるように思われますが、現場の工程管理、専門業者の職員との連携は、繊細な気遣いが必要である為、女性のきめ細やかさが業務効率向上に貢献している会社が増えてきています。業務の効率化、作業工程の精度の向上を図り、作業工程は厳守の上で、働くときは働き、休む時は休んで、1週間から10日程の休暇を取得して、趣味及び海外旅行等で研鑽を深め、さらに、業務に励むという体制に女性職員の増加により、又、若手人材の貢献により認識が変わってきている過程であります。

ページ上部へ移動する