WEB制作会社の転職時の必要知識46view

これからWEB制作会社で働きたいと考えている場合「WEB制作会社の転職時の必要知識」を3つ挙げるとすると何だと思いますか?

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. tensyoku-ice 2015/06/01 13:14

    職種によってもちがいますよね・・・?プログラマなのかデザイナーなのか・・・。
    一応自分なりの解釈で「職種は問わずWEB制作会社の転職時にこれは最低限知ってないと絶対採用されないこと」という感じで3つ書いてみます。


    (1)まずWEBの基礎知識は必須
    WEB制作会社はWEBのスペシャリストの集団です。よって、WEBに関する基礎知識は絶対です。インターネットの基本的な仕組みに始まり、サーバーやドメインに関すること、セキュリティ関連、アフィリエイトやSEOについて…等々、多岐に渡る知識が要求されます。ブラウザ1つにしても、Internet ExplorerやGoogle Chrome、Mozilla Firefoxあたりは、名前はもちろん実際に使用してそれぞれの特徴を把握しておかなければいけません。

    ブログやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアは、使用できて当たり前です。WEBサイトに埋め込んだり、コンテンツの1つとすることが多いので、それらのシステムを理解しておく必要があります。多種多様なメディアが登場することによりWEBのスタイルも変化し続けますが、流行しているものはとりあえず試してみる、ぐらいのスタンスは持っているべきでしょう。


    (2)基本ソフトは使えて当然
    WEB制作会社に限った話ではないですが、WordやExcel、PowerPointなど、Office系の基本ソフトは使用できるのが前提です。社内外にむけた文書作成にWordやExcelは不可欠ですし、時にはPowerPointも使用します。一般的なメールソフトや動画再生ソフトなどの知識があれば尚良いでしょう。

    WEBの現場ではPDFファイルも頻繁に使われます。ですのでAdobe ReaderなどのPDFファイルを扱えるソフトも使いこなせなければいけません。ファイルの取り扱い関連の知識、特に圧縮・解凍は必須スキルと言えるでしょう。


    (3)ユーザーとしての視点は大事
    WEBサイトの制作には、企業や団体のオフィシャルページの他に、楽天やYahooに代表されるようなショッピングモールや独自のECサイトなど、オンラインショップの案件が多数あります。それらのWEBサイトを制作するには、実際にそこで商品を購入するユーザーの気持ちになって魅力的なお店になるよう考える必要があります。同時に、オンラインショップで買い物をするシステムについても知っておかなければいけません。実際にオンラインショップを利用するなどして、ユーザー側からの視点を持つようにしましょう。


    WEB制作会社で働くにあたって必要と思われる知識を挙げてみましたが、実際の制作現場でこれらのキーワードは頻繁に登場します。特に中途採用の場合、会社側からこれらの知識は知ってて当然なので、わかりません・できませんなどとはいえない状況を想定しましょう。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する