WEB制作会社の男女比率は?456view

WEB制作会社の男女比率ってどんなものでしょうか?男性が多いイメージありますが・・・。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. journalist60 2015/03/01 11:40

    都心と地方では差があると思います。女性の活躍が目立つようになってきたWEB業界ですが、実際のWEB制作会社の男女比率は地域や業種によっても違いますが、全体的に見てまだまだ男性の方が多い傾向にあります。都心では、男性:女性の比率が6:4ぐらいの会社が多いようですが、地方のWEB制作会社ではその差は広がり、8:2ぐらいが多くなってきます(あくまで平均的なもの)。社員が10人前後の小規模な会社では、女性社員がたった1人、もしくはゼロという会社も多く存在しています。

    あと職種によってはかなり男性が多いです。WEBデザイナーやHTMLコーダーの職種は男女差をあまり感じませんが、WEBプログラマーは圧倒的に男性が多いです。工業や情報系の学校自体男性比率が高いので、必然といえばそうですが、WEBプログラマーは精神的にも肉体的にも過酷な職種なので男性が多くなってくるのでしょう。

    また、WEBプロデューサーやWEBディレクターも男性率が高いです。他業種でいうところの営業職にあたるので、男性の方が向いているのかもしれませんが、女性のWEBプロデューサーが全くいないというわけではありません。ただ、WEBプロデューサーになるには豊富な経験が必要不可欠で、ある程度勤続年数が長い人に限られてきます。女性の場合は結婚や出産を機に退職するケースも多々あり、WEBプロデューサーに昇格する前に辞めてしまうことも女性の少ない要因の一つであるといえます。

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する