今後製薬会社に転職する際に有利な外国語はなんですか?53view

私は現在とある製薬会社で広報及びIRのお仕事をしております。
私は大学在学中に留学経験があり、いくつかの外国語をビジネスレベルで習得しています。この語学スキルを活かしたいのですが、現在の部署ではあまり使うことがないスキルです。
それで現在の勤め先が製薬会社なので、同業他社に転職をしてもっと私の語学スキルを活用して働きたいと思ってます。
製薬会社の、できれば外資系の製薬会社へ転職できればいいと考えていますが、今後製薬会社に転職するなら有利な外国語はなんですか?私は英語・フランス語を履修しているのと、現在もドイツ語を勉強中です。意見を聞かせてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. lebre 2017/05/09 10:10

    製薬会社でマーケティングに携わっているものとしてアドバイスさせていただきますね。
    製薬会社の転職で有利な外国語ですか・・私も英語が一番だと思いますが、強いて挙げるなら中国語をお奨めしたいと思います。中国は今後さらに医薬品の需要が高まるでしょう。背景にやはり自国製品よりも海外薬品のほうが信用度が高いという中国ならではの事情もあります。
    知的財産権などの考え方や新薬承認など難しい問題もありますが、グローバル展開している外資系製薬会社なら中国語スキルが今後有利かと思います!

  2. nrlunetta 2017/05/08 9:04

    外資系製薬会社で人事部中途採用担当をしております。
    まずもって我が社での入社基準がTOEIC730以上、海外出張が見込まれる部署に配属される者はさらに高いラインを要求されます。有利と言う話というよりも「英語は必須」と考えていただいたほうがよろしいでしょう。とはいえ配属部署によっては私のように業務の中で外国語を使う機会の全くない場合もありますが…。

    それでも出向なさってきた本社のみなさんは日本支社の社員に当然のように英語での業務を望んできます。日本支社の人間も本社担当のかたと英語でビデオ会議をする機会がありますし、質問者さんはぜひその英語力を活かしていただきたいと思います。
    他言語は海外に出張する部署に配属を希望であれば活躍する機会もあると思いますが、英語だけで充分ですよ。

  3. 77ronhari 2017/05/07 15:32

    転職で全く未経験の部署に配属はなかなか難しいかもしれませんが、質問なさっている方の英語がネイティブとはいかないまでもビジネス英会話がきちんとできる方でしたら英語スキルが一番有利かと思います。あとは外資系でしたらドイツの有名な製薬会社などもありますしドイツ語も有利だと思いますよ。
    医薬翻訳等の専門性の高い外国語スキルでの業務とかですとアウトソーシングしている会社が多いと思います。無論アウトソーシングする際にはその言語知識がある方が担当はしますが、精度の高い翻訳は翻訳専門の会社に発注するのが常でしょう。外国語スキルを活かしつつ製薬会社での経験を活かしたいのであれば同業他社を視野に入れつつ、関連業種として専門の翻訳会社を考慮するのもアリかもしれません。

ページ上部へ移動する